ロンドンでの日々の暮らしを、ご報告申し上げます。


by pitakoaiko
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

タグ:教会Church ( 44 ) タグの人気記事

お見送り

主人を見送りに、成田まで行きました。
c0178022_21555750.jpg

レインボーブリッジの上からの写真、車窓からは難しい...
良いお天気でした。

その後、母と久し振りで日本の教会の讃美練習に仲間入りさせていただきました。
懐かしい「神の国と神の義」や「主イェスの十字架の血で」などを歌って、嬉しかったです。
こういうのはゴスペルというそうです。
歌を上手く歌うというより、主を思うこと、皆と一緒に歌うということが大事だそうで、ガラガラ声なのに大喜びで歌わせていただきました。

全地よ、主の御名を讃美せよ!
by pitakoaiko | 2009-01-10 21:54 | 旅 Holidays

子供のクリスマス

日曜日、一足早く子供のクリスマス礼拝がありました。
でも、大人も全員参加。普通の礼拝の時間に行われるからです。
しかも今年は全員、クリスマスをテーマにした仮装してくること!と言われていました。
で、礼拝のメッセージは、こんな感じ・・・
c0178022_22472720.jpg

ページェント=クリスマス降誕劇です。
毎年、たぶん世界中の教会で行われる、イエス・キリストの誕生劇です。
「2000年前の昔、マリアという乙女がおりました・・・
はい、ここでマリアの恰好している人、出て来て下さぁーい!」
という具合に、今年の話は進みました。
で、なんだかマリアが2人になっちゃった。天使もごちゃごちゃ。ロバまでいました。
羊飼いは、タオルとバスローブを衣装にしている人が、これもごちゃごちゃ。羊より多かった・・・
最後は正面に出ている人の方が多かったかな。
でも一番多かったサンタクロースの格好の人たちは、残念ながら出番がありませんでした。


こちらはワーシップのリードをするバンド。
c0178022_2252526.jpg

c0178022_22531459.jpg

礼拝の終わりに、仮装大賞の発表があったけど、写真を撮るのを忘れました・・・残念。
優勝は、「ナイト・ビフォア・クリスマスKnight before Christmas」で、アルミフォイルで騎士の恰好を作った高校生の男の子でした。
ナイトKnightは、夜のナイトNightにかけてあるそうです。
降誕劇に、決まり文句「Night before Christmas=クリスマスの一夜前」って言うのがあるらしい。
ちなみに、ティム・バートンの映画『ナイトメアー・ビフォア・クリスマス』 (The Nightmare Before Christmas)も、この決まり文句にかけてあるそうです。
by pitakoaiko | 2008-12-17 23:13 | 特別 Special days
日曜日は、教会のお茶当番でした。
I was on refreshment duty yesterday.
今のところ、私が使命感を持って楽しんでいる唯一のお当番です。
This is the only duty I do in the current church so far.
And I really enjoy doing it.

c0178022_76321.jpg

いつも簡単なケーキを2種類焼いています。
ブラウニー、バナナケーキ、コーヒーケーキといった少ないレパートリーの中から・・・
I always bake only 2 simple cakes out of brownies, banana cake and coffee cake.

一応、毎回全部無くなっています。
気に入っていただけたか、あるいは皆さんとてもお腹が空いていたかどちらかでしょう。また、今のところどなたもお腹を壊したなどと聞いておりません。
Everytime all the cakes go... means either they like it or they are very hungry.
And I haven't heard of people getting sick from it.
by pitakoaiko | 2008-11-24 22:49 | 食 Food
アーンティV AuntieV =Vおばさんのお家へご挨拶に行く途中、時間つぶしにパレス=お城のある公園へ行きました。ロンドンの北の方、アレクサンドラ公園です。
c0178022_22502831.jpg

パレスと言っても、王族が住んだ歴史はありません。
最初から”ピープル(一般人、国民)の為のお城 People's palace”としてオープンしたそうです。2度ほど火事で焼けたそうです・・・

c0178022_23245236.jpg

写真には写っていませんが、背の高いテレビ塔が併設されています。
英国国営放送のBBCが、最初に放送した所だそうです。今はもう西の方に引っ越していますけど。

アーンティVは、2月にストロークStroke=脳溢血をなさったそうですが、お目にかかったら、大変お元気でした。アーンティとは、結婚前にも2度ほどご一緒したことがあります。残念!アーンティのお家、写真を撮るのは、すっかり忘れましたぁ・・・

ところで、ここからちょっと教会の話。
アーンティは、ずーっと北ロンドンにお住まいで、教会は近所のメソジスト教会に通っているそうです。でも、今や白人はアーンティと、お隣の奥さん、そしてもう一方の3人だけ(つまり高齢な女性3人!)あとは皆、外国人だそうで、特にアフリカ系の黒人が多いそうです。
牧師が最近お辞めになって、今月からアフリカ人の牧師が、それもアフリカから直接来られて赴任なさるそうです。それで、環境の違いになじめるかなど心配な反面、大多数の教会員と同じバックグラウンドの牧師が来ることを、楽しみにしてもいるそうです。

アーンティは、ロンドンが変わっていくのをずっと見てこられました。
それもアーンティご自身がフランス人なので、外国人の目で見てきたわけで、そのお話はとっても興味深いです。

これから、ちょくちょく遊びに行こうねって、夫と2人で話しました。
by pitakoaiko | 2008-09-03 23:27 | 外出 Outing