ロンドンでの日々の暮らしを、ご報告申し上げます。


by pitakoaiko
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

<   2009年 06月 ( 3 )   > この月の画像一覧

がんばっております!

ちょっとブログを休んでいたので、まだまだ調子が出ないです。って、なんの調子?
写真は、まだまだ寂しい学食のお昼ごはんです。
c0178022_4243223.jpg

・・・さみしいというのは、忙しいから学食の食事・・・ということで、料理自体は寂しくありません。
というより食べすぎです・・・

この巨大なミートボール、大ヒットの美味しさでした。
c0178022_4255425.jpg

人気があるみたい。皆、これを食べていました。
中にチーズが入っています。

ぺろりと食べて、また元気にプリントに戻ります!
でも、ショーを考えていると、なんだかとっても楽しいです。
他にもショーのある学生と、卒業展前とはうって変って静かな版画室で、のびのび、好き放題をしております。

しあわせぇ!
by pitakoaiko | 2009-06-18 04:15 | 食 Food

10月に個展???

おかげさまでロンドンに無事戻っております。

そしてニュースです。
もしかして、10月に東京でショーが出来るかもしれません。

ですので、大学の版画の施設をギリギリまで使って作品作り、頑張ります。

もし、決定したら改めてブログ上で宣伝させていただきまぁす!

今日はここまで。
ブログ復活、第一弾...でした。
by pitakoaiko | 2009-06-17 05:04 | 日常 Normal days
親戚に不幸があったので、飛びました。
もともと筆不精の私、ロンドンへ行ってからも度々音信不通。
でも、のんびり日本に戻ってから、皆にご無沙汰失礼!っとやればいいやと思っていましたが...

聖書に、花婿が来る時、灯火の油を切らしてしまった花嫁の話が出てきます。
なんだか考えてしまいました。

亡くなったのは、カトリック教徒の叔父でした。
だから式は教会。
カトリックなので、お祈りまで本に書いてありましたが、聖書箇所は、まず創世記の一か所から。
「初めに、神は天地を創造された...」
そして、最後は黙示録のキリストの再臨で希望いっぱいに終わりました。

クリスチャンにとって、死は一時のお別れで、また後に共に復活する希望があります。
寂しいですが、その希望に基づいて、さわやかな叔父にふさわしい良いお式でした。
by pitakoaiko | 2009-06-04 20:13 | 日常 Normal days