ロンドンでの日々の暮らしを、ご報告申し上げます。


by pitakoaiko
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

<   2009年 05月 ( 16 )   > この月の画像一覧

水曜日の試験、予想外に楽しく終わりました。
日本から来てくれた母も、そして主人の母も揃って祈ってくれたのでした。
とくに義母が、「Enjoy it! 楽しみなさい!」と言ってくれたのが印象的で、実際その祈りは聞かれたのでした。で、試験の結果は...昨日が今日、そして来週へとドンドン伸びていっております...

試験の次の日は、卒業展のプライベート・ビュー。
招待客だけが見れるショーです。
なんと朝8:30からRector's breakfast =学長の朝ごはん!!?という朝食サービス付きのプライベート・ビュー。
朝から人なんて来ないだろうと思ったら、意外や意外、たくさんの人が来て、あっという間に会場はいっぱいになりました。そして、学生の一人は、もうその時に1枚20万円くらいの作品の全部が売れてしまったという...
その後、プレスの為のショー。Award=賞をとった学生などが取材を受けていました。
そして12:00から、いよいよ普通の(!)プライベート・ビューが夜9:00まで。
で、学生は朝8:30から夜9:30まで、ずーーーっと自分の作品の前に立ち、あわよくば作品を売るのでしたぁ。

えー、ちなみに私は、アクリルのつい立てを一個ドカンと作っただけなので、まだ売れていません。
でも両親、義母、そして妹と義妹という大勢(本来は学生一人当たり4人まで。私は家族一人しか呼ばない友達から、余った招待状をもらいました)を迎え、楽しく過ごしました。
皆、来てくれて本当に感謝です!

えー、その日は夜9:30まで居ること!と言われていたのですが、なんと、8:30には人々が追い出され(それに怒って、学長その他に怒鳴ってSwearword=悪口雑言?を言った同級生が一人...)9:30頃から、先生達も今一わかっていないお客様達=国際ネットワークとかっていう、160カ国におよぶアートやデザインの高等教育機関の団体が、大きなシャンデリア付きのバスで到着。
外国人学生の私達は、残った方が良いということになって、(実際、良かったです)結局、私が会場を後にしたのは、夜の11:00でした...ハァ

そう、良かったこと...
160カ国なので、やはり日本の大学からも教授達がいらして、とても興味深い話を聞けました。また私が、卒業展の賞にノミネートされた3人を紹介したところ、その教授のコメントや反応から、やはり日本の方が進んでいるなぁという印象を受けたのでした。でも、全体的にクォリティは高いってさ。

というわけで、大騒ぎの日々を過ごしていました。
明日には、会場の写真とか載せられると良いなぁ。
では、また〜!

おまけ:学長にSwearwordを言った学生は、なんかお詫びの電話をしていました。
おまけ2:悲しいお知らせです。蜘蛛のノーラ、他界しました。原因はメタボかも...
by pitakoaiko | 2009-05-30 07:21 | 特別 Special days
おかげ様で、卒業展の準備はすっかり整いました。
届く物も無事届き、なかなか良い感じです。

卒業展を見に、日本から両親が来てくれました。
1日遅れの今日、妹Kも来てくれます。
やっぱり嬉しいなぁ。

とにかく28日まで、試験、そしてプライベートビューと大忙しです。

日曜日は、教会の帰り道にカモのヒナを見ました。
まずは、少し大きくなっているヒナ。
人をあまり怖がりません。かわいいなぁ。
c0178022_1511025.jpg

こちらは、まだ赤ちゃん。両親揃って付き添っています。
c0178022_15115419.jpg

では皆様、良い週日をお過ごし下さい。
Blessings!
by pitakoaiko | 2009-05-26 15:06 | 日常 Normal days
なんだか、やることがいっぱい。Degreeが取れるかどうかだから当たり前か...
ブログも、中途半端になっております...
ま、やれるだけ頑張りましょう。

昨日のお弁当。
c0178022_16482882.jpg

そして、昨日の夕食...
c0178022_16484872.jpg


土曜日ですが、大学に行ってきます。
チューター達も来るそうです。
では!
by pitakoaiko | 2009-05-23 16:20 | 食 Food
ちょこちゃんから教えてもらった、BBCの番組。
注!イギリスからしか見れないそうです...

The Narnia Code
映画にもなったナルニア国物語のシークレット・コードが解析された!

ネットで、6日間(...ということは、来週の火曜日までかな?)見れます。
1時間番組です。英語です。是非どうぞ!
http://www.bbc.co.uk/programmes/b00jz2qp

以下は、日本の受信できない皆様の為に...
(間違っているところ、付け足したいところは、どしどし教えて下さいませ。)
(ちょこちゃん!ブログ見てたら助けてぇー)

内容は...
ナルニア国物語シリーズの本には、実は隠されたシークレット・コードがあった!

...という、2008年に発売となった Michael Ward著「Planet Narnia 」という本にある説をもとに作られた、ドキュメンタリーです。

まず、ナルニア国物語が、3つのレイヤーで覆われていること。
一つ目は、5歳の子でもわかる、ファンタジーの部分。
そして二つ目は、これも結構有名な、そのファンタジーの中に隠されているキリスト教の信仰のレイヤー。
ここまでが、今までのナルニアの理解のされ方。
そこに、実はもう一つ隠された第3のレイヤーがあった!!!
・・・という話。

その第3のレイヤーは、つい最近、2003年に神学専攻のウォードWardという人が、はっ!と気がついた説です。
The Chronicles of Narnia are themed on the seven planets of the medieval cosmology.
ナルニア国シリーズ全7冊は、実は中世の宇宙論の7つの惑星をテーマとして書かれている。
その7惑星は、太陽と月を入れて、他に水星、金星、火星、木星、土星...だったかな?

というところで、今日は尻切れトンボですが、ここまでl。
続きはまた明日。おやすみなざーい!

by pitakoaiko | 2009-05-20 14:46 | 特別 Special days

お弁当

昼の分と夜の分。
c0178022_874861.jpg

手前の3つが昼。奥のパンとサラダが夜。

サラダ、私的には究極のサラダでございます。
c0178022_892448.jpg

中身をざっとご披露しましょう。

きゅうり
セロリ
ビーツ
赤ピーマン
リーク

スモーク鯖

それにフライド・ガーリックのドレッシングです。

すごいと思うんだけど、どうでしょう?
ちなみに、豆とスモーク鯖は凍らせていたのをそのまま入れたので、保冷剤代わりになりました。

今日は色々あって、ぼんやりでした。
明日から展示開始。
どうなるかなぁーーー。
by pitakoaiko | 2009-05-20 08:06 | 食 Food
ブログをお休みしてみた1週間...
お祈り、ありがとうございました!!!
おかげさまで一応、作品自体はできました。

でも、仕上げの枠が、展示開始3日後の金曜日に届くという...
EXAMまでに間に合うでしょうかぁーーーー!

しかし、明日のことは明日に思い煩わせて...夕日がきれいです。
c0178022_16151087.jpg


土曜日も、気がつけば夜10時までノリノリで版画作りをした私。
日曜日は、教会でしばらくボォーっとしておりました。ちなみに私の教会は、最初の賛美を20分位するタイプ。
で、その賛美の最後の方に、
Here is love, vast as the ocean...(ここに海のように広い、大きな愛がある...)
...という賛美があって、感動してしまいました。ボォーっとどころか、もぅ、熱くなって涙や鼻水までぇ...

ちょっと2番の歌詞の一部をご紹介。(訳は、私。へへへ)

On the mount of crucifixion,
Fountains opened deep and wide
十字架の丘で、泉が深く広く湧き、
Through the floodgates of God’s mercy
Flowed a vast and gracious tide.
主の恵みの堰を切り、広く、そして優しく流れ出た。

And Heav’n’s peace and perfect justice
Kissed a guilty world in love.
そして、天の平和と完全なる正義が、罪の世に愛のキスをした。

全部の歌詞はこちら(注:サイトを開けるとオルガンの伴奏が聞こえてきます)


実は私、その時かなり落ち込んでいて、心の中で主が見えなかったんだけど、でも、でも!主の愛には包まれていたという...珍しい体験でございました。

その日の箇所はエマオの信徒のところで、彼らは復活したイェス様を目の前にしながら、それをイェス様とわからなくて、でも、それでもその人を大好きだから、先へ行こうとするのを強く引き止めたという...私が洗礼を受けた頃、一番好きな箇所でしたぁ。

とにかく、私達がどんな状態でも、主は永遠に変わらず、私達を愛して下さるのでした!

ところで、Here is Loveの賛美歌は元々ウェールズ語だったらしいです。
そして、なんと!
1904年に起こったウェールズ・リバイバルで盛んに歌われた賛美だったそうです。

ウェールズ・リバイバル。
詳しいことは、英語ですがこちらのサイト

で、そのリバイバル、始まりは一人の10代の女の子が、Youth Meeting=青年会(?)で、皆の前で「I love the Lord Jesus with all my heart」と言った時からだそうです。
そのたった一言をきっかけに、そのミーティングの皆の上に、聖霊がペンテコステの時のように下りました!

そのリバイバルのリードをしたのは、まだ26歳の勉強中の牧師のEvan Roberts イヴァン(?)・ロバーツという青年でした。

主は、どんな人をも用いられる!

彼は、実は11年以上、リバイバルが起こるようにと祈っていました。

今、日本にリバイバルを!と祈っている兄弟姉妹が沢山いるのを、私は知っています。
私もその一人。

祈りは必ず聞かれる。
一緒に、がんばりましょう!!!

ウェールズのリバイバルは、2年位で静まりました。
そして、その後何十年も経って、94歳(だったかな?)のおばあさんが言いました。
「その時の燃える思いは、今もそのまま消えずに残っています。」

I love the Lord Jesus with all my heart !


最後に、私のヒーロー(!)Matt Redmanマット・レッドマンのアレンジをどうぞ。


by pitakoaiko | 2009-05-19 16:06 | 日常 Normal days
えー、卒業展にむけて、なんだか大変でございます。

ただ今、こんな状態なのでございます...
c0178022_3573763.jpg

ですので、さっくりとブログは休んで、がんばります!

お祈り、よろしければお願いいたします。
ではまた1週間後に!

...で、1週間経っても戻ってこなかった場合は、もっとお祈りをお願い申し上げます...
by pitakoaiko | 2009-05-12 03:46 | 日常 Normal days
私達の通うノースウェスト教会=北西教会!
今日、5周年のお祝いをしました。
お祝いのケーキです。
c0178022_2554165.jpg

これからの5年の目標は、
「正義を行い、慈しみを愛し、へりくだって神と共に歩むこと、これである」
(ミカ書6章8節)です。
c0178022_30070.jpg

ゲスト・スピーカーが、この聖句をもとに話してくれたことで心に残ったこと...
「へりくだる」ということができるかどうかは、自分が最も強いとするところで試される。
自分の強み、得意なことを理解して、それを他の人の為に用いること。それが、「へりくだる」ということだ!
可笑しかったのは、私はべつに得意になることが何も無いからなぁ、っていうのはへりくだっているのとは違う!ですって。たしかにそうですな。

礼拝の後は、バーベキューや様々なインターナショナル・フードでお祝いしました。
アフリカの様々なカレーやレバーの料理、ギリシャの小皿料理、中国の春巻き...
c0178022_3151623.jpg

イギリスからは写真を撮れませんでしたけど、キュウリのサンドイッチとアップル・クランブル。
そして主人と私は当然、日本料理を持って行きましたぁ!
c0178022_3171577.jpg

c0178022_3173989.jpg

いんげんのゴマ和え、高野豆腐とニンジンの煮物、出し巻き卵、そしてスモークサーモンのお寿司とガリ。日本食ブームがあったので、結構保守的なイギリス人達も、積極的に食べてくれました。お箸を使える人が多かった。無事、サーモンがひからびる前に売り切れましたぁ!

デザートもたっぷり!教会へのバースデーケーキがもう一つ。
c0178022_328378.jpg

おいしくて楽しい一日でした。
c0178022_3477100.jpg

by pitakoaiko | 2009-05-11 02:53 | 日常 Normal days
c0178022_6583616.jpg

ロビン一家、ヒナが育っていました。

昨日今日と、藤亀亭の庭で時々おやつをもらいながら、餌の獲り方や飛び方を勉強中です。
今日は、主人が見ているところで、ヒナがボカンと窓に体当たりしたそうです。
まだ、飛ぶのが下手なんだってさ。

これは水を飲んでいるところ。
c0178022_792658.jpg

c0178022_710689.jpg


これは、お父さんのMr.ロビンを大声で呼んでいるところ...
「おやつ、くれぇー!」
c0178022_713292.jpg


かわいいでしょ?
なお、写真は全て主人の撮影でございましたぁ。
by pitakoaiko | 2009-05-10 06:56 | 日常 Normal days
まずは、私の近況報告。
怒濤の1週間でした。卒業制作、進み具合は遅いです。要領の悪い日々だったのでした...
ま、でも、何とか前に進んではおります。

卒業展間近に、月曜日が休日だったからか、生徒はもちろん、テクニシャンも、届いた荷物を運んでくれる人も、学食のおばさんまで、皆忙しかった・・・
ただ、先生は暇だったかもしれない。
だからか、ま〜た金曜日もチュートリアルで、なんだか思うようにできず...疲れました。

と愚痴はここまでにして、今、テーブルを飾っているお花です。
c0178022_1763155.jpg

なんと、アーティフィシャルに色が着けられているらしい。
一晩経ったら、水が染まっております。おもしろいです。

えー、朝ごはんの写真を一つ。
納豆と韓国海苔です。
c0178022_1792269.jpg

藤亀亭にとっては、ご馳走です
でも、私だけ〜。主人の朝ごはんは相変わらずシリアルとトーストです。

そして、こちらはある日の夕食。
c0178022_17113796.jpg

サーモン、和風の醤油味。それにペペロンチーノと主人得意のチンした野菜...
考えずにとにかく食べようディナー!です。

ところで、皆さんは覚えていらっしゃるかわかりませんが・・・
トラ猫ホブスが引っ越していった頃から、我が家にはクモのノーラNoraが代わりのペットとして住んでいます。
・・・もう写真は載せないから大丈夫・・・ビンの写真だけなのに大変に不評だった、思い出してみると・・・
その時のブログは「 こちら」です。
で、そのノーラNora、虫取り名人の主人のお陰で、今では立派に倍のサイズになりました!
すっごくかっこいいの。写真をお載せできないのが残念だ...

そんなノーラに、ボーイフレンド候補がやってきました。
名前は最初、ノーマンNormanだったけど、ややこしいからジョージGeorgeになった。
古くさい名前が良いんだってさ。
ジョージ、ノーラのサイズの5分の1って感じです。
なので今、ノーラの家(ちなみに、もうビンではなく、大きなプラスチックの空き箱です)にジョージを入れたら、絶対にご飯と間違えられてしまう!
ネットで調べたところ、クモのメイティング=交配時期は秋。
...それまで別居?
...それより、ノーラとジョージは同じ種類のクモなのか??
...それより、ノーラはホントにメスで、ジョージはホントにオスなのか???

課題を多く抱える藤亀亭、これからもどうぞ宜しくお願い致します!

おまけ。
YouTubeから、笑えるジャンピング・スパイダー=跳び蜘蛛?の求愛シーンをどうぞぉ!
・・・男性は大変です。

3・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・
2・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・
・・・・・・・・
・・・・・・・
・・・・・・
・・・・・
・・・・
・・・
1・

ドン!

by pitakoaiko | 2009-05-09 16:55 | 日常 Normal days