ロンドンでの日々の暮らしを、ご報告申し上げます。


by pitakoaiko
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

突然のお客様に、ローストディナー

突然のお客様を迎えて、いつものローストディナーです。
ワインなんか、開けちゃって。
c0178022_18561357.jpg

イースター後のセールで買った黄色いテーブルクロスを今回お披露目。
ローストポテトの他に、最近、お気に入りの紫いもを添えて、お客様をビックリさせました。

日曜日用に、ラム肉は買ってあったけど、それでは足りないかもと言うので、急遽、こういう時のための非常用豚ヒレ肉を解凍。写真左上のベーコンでグルグル巻きにされている肉がそれ。
c0178022_1923373.jpg

他に、私がいつか一人ディナーの時に食べようと思っていた(主人の知らなかった!?)ヒナ鶏Poussin(フランス語だそうで、発音すると「プーサン」)も解凍。簡単に、かつ確実に火が通るよう、フタ付きのキャセロールに入れてポットロースト。

豚ヒレ肉は、解凍は楽だし、ローストにしても火の通りが早いし、そぎ切りにしてトンカツにするとイギリス人も喜ぶし、冷凍庫にあると一安心ですね。でも、冷凍庫の中で火が通っていないものは、なるべく、このヒレ肉以外は、ベーコン、元から冷凍されていたイカやエビ、あとはグリーンピースや枝豆などの野菜類だけにしています。ホームフリージングは、過信してはいけないのであります・・・今回のプーサンは例外として、へへへ。

というわけで、無事に全員、たーっぷり召し上がっていただけました・・・と思います。
皿数が多いと、話題も増えますね。

料理しながら思い出していたのは、亡くなった祖母の数少ない教えの一つ・・・料理する人は、食卓で足りないということが無いように、知恵を絞らなくてはいけない!
・・・食料の乏しい戦争時代に子育てをした、祖母の実感のこもった教訓でございました。

デザートは、ちょっとしなびてしまって、そのままでお客さまにはちょっと・・・というフルーツを、砂糖やレモンと一緒に電子レンジでチン。それをアイスクリームにかけただけだったけど、それでも一応ホームメイドなので、自信を持ってお出ししちゃいました。写真を撮るのは忘れましたけれど。

お客様って、楽しいですね。
あとは、家さえ片付いていればねぇ・・・
by pitakoaiko | 2015-07-18 19:46 | 食 Food