ロンドンでの日々の暮らしを、ご報告申し上げます。


by pitakoaiko
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

母がいる間・・・

ロンドンの真ん中へ出かける日々が続きました。
c0178022_19532553.jpg

エッジウェア・ロード Edgeware Roadという、結構何も無さそうな所(失礼?)の、日本人による、英国人の為の、日本の高級な!居酒屋さん。
c0178022_19565468.jpg

お客は英国人がほとんどのようで、お味噌汁を頼んだら、一番最初に出てきました。
そういえばイギリス人って、スープは前菜として飲むらしく、私が出す「みそスープ」も言わないと、それだけ最初に飲み干してくれていたなぁ。
また、お寿司はさりげなく、スモークサーモン以外は軽く火が通っていました。
で、とっても美味しかったです。サービスしてくれる方々も、誇らしくお皿を持って来てくれて、そういうのって良いですね。

さて色々、普段では考えられないご馳走を、ロンドンのアチコチでいただいて、私がダントツで感動してしまったのは、フェラ(で良いのかな?)Fera at Claridgeというレストランでの昼食でした。
いつかは夕食にも来たいものです。ここなら、主人も大丈夫そう。
レストランのカテゴリーとしては、現代英国料理レストランなんだそうです。
シェフは、サイモン・ローガン Simon Roganという人です。家に帰ってから、早速調べてしまった!

お願いして、こちらもお料理の写真を撮らせていただきました。
これは、最初の突き出し。
c0178022_2021827.jpg

藤亀亭主婦、もうこの一品だけで、お金を貯めてまた来なくちゃ、と思ってしまいました。
昼なのに、しかもこの後予定があったのに、ピンクシャンペンなんか頼んでおります。
で、最初の〜、と書いたのは、この後にもう一品別の突き出しが出たから。それももちろん美味しくて、皆でう〜っとり。

そして、私の頼んだ前菜がこれ。
c0178022_2099100.jpg

牛のたたきをコールラビ(カブの親戚?)で包んで、グリーンピースの酸味あるソースの上にのせてあるもの。私には限りなく、和食な感じですが・・・
器も、日本の物かと聞いてみれば、ロンドンの南はボクソールVauxhall近くの窯で焼いた陶器なのだそうです。限りなく日本の器に近い、英国の器であります。

で、この後は食べるのに忙しく、写真は無し〜。
いわゆる伝統英国料理ではありませんが、材料はほとんど英国のものでした。素晴らしい!感動!

それにしても食事は、魯山人ではありませんが、総合芸術でありますね。

というわけで大満足の昼食の後、夕食は、お友達のおすすめで、空港始め、あちこちにチェーン店のあるカルッチオ Carluccio'sというイタリアンで、さっぱりと。
c0178022_2030156.jpg

こちらはリラックスして、イタリアのビールとか言うのと一緒に楽しくいただきました。
人気があるのは納得。
それにしても、イタリアにもビールがあったとは知らなかった・・・

ところで、この間も書いた英語学校の先生のジョーク
「イギリスのおいしい料理を教えてあげよう。それは、イタリアンと呼ばれている・・・」
これは、もうそろそろ終わりにしてよいかも。
イギリスの皆さま、英国料理にはどうぞ誇りをお持ち下さいませね。
・・・と書きつつ、ただ英国食材を和風にアレンジしてもらって喜んでいるだけかもしれない藤亀亭主婦。

あっ、私のダイエット。
実は諸事情により、立て続けに3日間、昼夜と外食でご馳走ばかりでした。
が、ロンドンの町中を早足で歩き回った結果、なんと少しやせました!
ご一緒の方々は体重が増えたらしいのですが・・・つまり、私って運動不足!?

これからは、たくさん運動して、フェラに出て来たみたいなご馳走を食べまくる生活をしたいぞ〜!
by pitakoaiko | 2015-05-19 21:51 | 食 Food