ロンドンでの日々の暮らしを、ご報告申し上げます。


by pitakoaiko
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

イースター 2015

今年のイースターは、4月5日でした。
イースター・復活祭は、キリスト教徒には一番盛大なお祝いの日じゃないかしら?
クリスマスの方が有名ですけれど。
そして、私自身に大事なのはペンテコステ=聖霊降臨祭で、今年は5月24日。聖霊が下ったのを記念する日で、何より私が受洗した日なのでございましたぁ。
c0178022_1841614.jpg

写真は、義父母からもらったイースターのチョコレート・エッグ。娘は、これを想像して茹で卵をむきました・・・その時のブログはこちら

イギリスでは、受難日(=イエス・キリストが十字架にかかった日)は、Good Fridayと呼ばれていて、公休日。
また、イースター・サンデーの翌日はイースター・マンデーで、やはりお休みです。
だけど考えようによっては、日本のクリスチャンにとっては、クリスマスはウィークデイになることが多い一方、イースターは日曜日なのでうれしいかもね。

ちなみに、クリスマスの日付は後世の創作ですが、イースターの日付は「春分後の最初の満月の直後の日曜日」で、こちらの方は正しい、とは母教会のニュースレターからでした。

ま、とにかく一番大事なのは、2000年ほど前の金曜日、神の子イエスがご自分が救い主であると告白したゆえに十字架にかかり、処刑されたこと。
それが私達の罪の為であったこと。
そして何より、その死んだはずのイエス様が3日後に復活し、よみがえられたこと。

そのゆえに毎年毎年、私達クリスチャンはその恵みを喜び祝うのであります。

さて、娘と私は日本にいたので、離ればなれだった藤亀亭。
先週末、主人の両親の家で、軽くイースターのお祝いをしました。
ハッピー・イースター!
c0178022_1734532.jpg

義母のローストチキンに使っていた鍋がかわいかった。
c0178022_17504487.jpg

デザートは、イチゴと私達が焼いたビスケット〜。
c0178022_17524472.jpg


今回ビスケットの飾りに使ったのは「Cake Decor」という会社のホワイトチョコ。
こうやって、お湯で溶かしてから使います。
c0178022_17544577.jpg

乳製品が入っているので主人は食べられませんが、固まるのが早くて良かったです。
by pitakoaiko | 2015-04-25 20:53 | 特別 Special days