ロンドンでの日々の暮らしを、ご報告申し上げます。


by pitakoaiko
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

娘、1歳半

振り返ると、歩き出してからの成長が早いです。
c0178022_62181.jpg

これは、主人と散歩した娘が摘んできてくれた花。
・・・写真を載せようとするとウィルスバスターが停止してしまうので、今回の写真はこれ一枚だけ〜

前に摘んでくれた時は、階段を登る時に花を持ったまま登ってきたので、私の手に渡る時には茎だけになっていました。でも主人の話によると今回は・・・
「新しい方法を考えたようだよ。階段を登る前に、僕に花を渡してきたよ」
という具合で、お父さんを上手に使えるように(!)なりましたぁ。

言葉の方は、決して早い方ではないようですが、1歳半を超えて、急にボキャブラリーが増えてきました。
現在、娘の言える言葉のリストです・・・

*ライト(最初の言葉です。ちゃんと電気を指しながら言えます。これを早いうちに言ったので、うちの娘は天才だ!と思っていましたが、その後3ヶ月これだけでした・・・)
*ばぁー(バナナのこと)
*パン(英語のブレッドでなく、パン!)
*ふあ(フラワーのこと)

*プリ(英語のPleaseです。これを言われると誰もNOと言えません)
*ゴン(英語のgoneのこと。特に好きなものが無くなると、残念そうに言っています)
*カム(英語のcomeのこと。オモチャに向かっても時々言ってます。でも来ないよね・・・)
*ゴ(英語のgoのこと。主人が車での移動中、信号が青になる度「goって言ってごらん」と訓練しました。でも、私がダッコしている時にこれを言われると、複雑な気分になります)

*ねぇ(幼児語ねんねのこと。手をほっぺたにあてる動作も一緒にします。地下鉄で、お向かいの眠そうな乗客を指差して、これをやられた時には困りました。でも幸い、やられたご本人は、眠そうながら笑ってくれました。)

*アームン/アーンパィ(キリスト教のお祈りの最後に言う言葉アーメンです。末尾が微妙に変化しています。娘は食前の祈りが大好きで、食前だけでなく、食中にも何度かお祈りさせられます。なんとも新鮮な気持ちにさせられます)

*ノーズ(英語のnose)
*アイ(英語のeye)
*トウズ(英語のtoes)
*ハンド(英語のhand)
*あし(足、なぜかこれだけ日本語・・・)
一応他に,ヘッド、イヤー、マウス、チン、ショルダー、ニーなど、指で指すことができます。
でも、自分でいうことはあまりありません。

*もーもー(牛の鳴き声。英語ではmoo mooムームーです)
*ウォフウォフ(英語の犬の鳴き声、wof wofです。これをネコにも言うところが、わかっていそうで、そうでもないような・・・)
*がーがー(アヒルの鳴き声。以前は英語でquackとかtweet tweetに近い音を出そうと頑張っていましたが、今回日本に戻ってからは、全部これにしたようです・・・)
*ロアー(英語のroar、ライオンの鳴き声です)
*ぱおーん(ゾウの鳴き声です。一緒に手をゾウの鼻のように動かします)
*シューシュー(英語のヘビの鳴き声(?)です。Hissing soundというそうです)
*ズズーズズー(ハチなど飛ぶ虫の羽音です。こう言いながらどこかを指差している場合、その先を見るとちゃんとハチやらハエやらがいて、とても便利です)

*アポー(英語のappleです。結構、気に入っているみたいで日に何度も言っています)
*もも(桃、日本で覚えて帰ってきました。)
*オエンジ(英語のオレンジです。私より、らしい発音に聞こえます)

*あか(赤です。これも言うのが大好きみたいで、赤くないものも時々勢いでこう言っています。)
*ブー(英語のblueのこと)

人の名前も少し言えるようになってきました。
今のところ、ざっとこんなところです。

、肝心のマミーとダディーは、まだ言えません・・・
一応、まぁー、だぁーなどとは言っていますが、時に私を指しながら「だぁー」と言ったり、どうもも一つ安定しておりません・・・
ついこの間まで、日本語で話すときは「おかあさん」、英語のときは「mummy」になろうと思っていましたが、そう簡単にはいかないことがわかりまして、今はすっかりマミー一筋です。
それにしても、まさか私がマミーになるとは・・・いろんな意味で、考えさせられます。

そして、娘を与えられたこと、本当に奇跡と感謝しています!
by pitakoaiko | 2011-10-17 07:41 | 日常 Normal days