ロンドンでの日々の暮らしを、ご報告申し上げます。


by pitakoaiko
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
新しい家に、少しづつ物が増えています。
今日は主人が休みを取り、ホリデー中の義弟と一緒に、北ロンドンの倉庫に預けていた荷物を運んできました。

(・・・写真が反対なんだけど直せない。なぜかしら???)
c0178022_9334848.jpg

娘を身ごもる前に箱詰めして、そのまま3年近く。
娘を持つどころか、イギリスにずっと住むとさえ思っていなかった過去の私が、箱のアチコチから出てきます。
人生、ホントに何が起こるか分からないですね。

c0178022_9585969.jpg

娘が食事中に気がついて、口いっぱいにしながら「ピンク・クラウド=ピンクの雲!」と教えてくれた空です。

そういえば、このブログに「空Sky」なんてタグも作っていたんだっけなぁ。

・・・なんて、のん気に過去をさまよっていないで、現実を見なければいけません。
新しい家の工事が来週始まるにあたって、色々なところを片付けなければならないのです!
でも、主人はきっと今日の荷物運びで、明日は動けないだろうなぁ。

だいたい、明日は友達の家に行くのでした・・・
大丈夫か、藤亀亭!頑張れ、藤亀亭!!!
by pitakoaiko | 2012-09-15 10:07 | 住 Home

c0178022_658308.jpg

昨日の虹。
二重になっているのが、おわかりいただけるでしょうか?

娘にも一応見せたけど・・・いまいち、わからなかったみたい。
by pitakoaiko | 2011-06-09 21:53 | 食 Food

一周年旅行の続き

この前、ざっと絵はがきのような写真をお見せした、私達の結婚一周年記念の旅。
泊まった所は、ウェルズ・ネクスト・ザ・シー Wells-next-the seaという、昔の港町。
北ノーフォーク海岸の真ん中です。
そこに金曜の夜9時に到着。
疲れた私達を迎えたのは、こんな景色でしたぁー!
c0178022_16241168.jpg

c0178022_1624524.jpg

この海に突き出している建物は、昔の港の名残りで、穀物貯蔵所granaryとその構台gantry。この港は、トウモロコシや大麦を輸出していたそうです。

泊まったのは、昔の税関custom houseをB&Bにした所。
窓から海が見えます。
c0178022_16414382.jpg

古い建物だそうで、築450年近くだって!
その当時からのもので、唯一壊れていないという木のシャッターshutter(=雨戸?でも、窓の内側にあるの...)
c0178022_16455893.jpg

実は、天蓋付きベッドの部屋に泊まったんだけど、写真を撮るの忘れちゃいました。
...べつに結婚1周年だからというのではなくて、私は独身の時からそのベッドで優雅に一人で寝ていたのだった、ふふふ

で、このB&Bはロケーションより何より、その朝ごはんが素晴らしい!
でも、写真は食べちゃった後...
c0178022_16492355.jpg

しかも主人、わざと変な顔するからチョン切りました...
ベーコン、マッシュルーム、トマトと全て地元のもの。
卵なんて、B&Bのご主人ピーターPeterさんの飼っている鶏が産んだ、産み立て!
乳製品が摂れない主人の為に、ソヤ・マーガリンまで出てきたのには恐れ入りました。

ちなみに私達の部屋の他には、あと2部屋あるだけのB&B。
朝ごはんは、他の部屋の皆さんと一緒にいただきます。
これがまた楽しい。英語が今よりダメダメだった昔でも楽しかったなぁ、そういえば。

その日は、私も初めての、少し東よりの海岸ブレイクニーBlakeneyという所で、オープン・カヤックに乗って2人で浅瀬をチョロチョロ。
お昼はその海岸に面した、古式ゆかしきホテルでサンドイッチ。
c0178022_1761148.jpg

目の前の海で獲れる、カニのサンドイッチです。
窓からそのカニを獲ろうと頑張っている子供達やお父さん達(!)を見ながら、美味しくいただきました。
c0178022_1727117.jpg

夕食は、朝食をご一緒した年配のご夫婦から勧められた、隣の村ウォーハムWarhamのパブでご飯。
c0178022_17101052.jpg

ヴィクトリア女王や現・エリザベス女王のお父さんだか、もしかしてロシア革命で殺された皇帝だかの肖像らに囲まれ、楽しくいただいたのはウサギのシチュー。
他は主人が食べれなそうなものばっかり、パイとかパイとかパイ...だったのでした。
家庭的な味で、美味しかったです。

翌日は日曜日。
朝、B&Bを後にしてホルクハムHolkhamの浜辺を散歩したりした後、キングスリンKings'lynnの町まで下り、そこで都合良く午後4時からという教会で礼拝して、そのままのんびり帰ってきました。
...まだ、旅の片付けは途中...今週末、がんばります!
以上、旅報告でした。

えー、前回のブログでKazukoさんから雲の写真を褒められたので、雲好きの私、図に乗ってもっと載せます。
行きの日は、雨が振ったりやんだりで、雲の品評会のようだったのでしたぁ。
c0178022_172235100.jpg

by pitakoaiko | 2009-07-30 16:19 | 旅 Holidays
最近、私の方が帰るのが遅いです。
それで夕食は主人が用意する機会が増えました。

この日はメインの鶏が前夜すでに用意されていたので...
「ジャガイモで、なんか作っておいてくれる?」
と携帯にテキストする私。

「OK :)」
と返事する主人。
大変理想的な夫婦の会話です。

で、これが夕食。
c0178022_21504155.jpg

よく見るとジャガイモが変。

こんなになってます。
c0178022_2152883.jpg

中をくり抜いて、ハーブや塩を詰め込み、また元に戻したそうです。
意外と、とっても美味しかった。

ナイフを入れるとこうです。
ほかほかぁ~
c0178022_2154090.jpg


食後は、ジャガイモを全部食べた主人はお腹いっぱい、私はダイエット再開(?)したばかり...
ということで、夕日がデザート代わりになりました、ホホホ。
c0178022_21564038.jpg


そういえば最近、喧嘩をしない私たち。
このまま、無事に結婚1周年を迎えたいものです。
お祈り、よろしくお願いいたします!

:) ←ちなみに、首を横にして見るとニコッとしているように見えるので、こういうマーク、携帯などでよく使います。...などと今さら説明するのはオカシイ?
:( ←これは、残念とか怒っている顔。
;) ←これは、ウィンク。 
by pitakoaiko | 2009-07-22 21:42 | 食 Food

昨日の夕焼け

c0178022_1742393.jpg

夕方でなく夜9時近くの空です、実は。
サマータイムのせいもあるけど、これからしばらく遅くまで明るいです。

では、また。
Blessings!
by pitakoaiko | 2009-05-02 17:38 | 日常 Normal days
明るい、眩しいロンドンです。
c0178022_0162195.jpg

でも、夜はちょっと小雨に雪が交じります。

卒業展は5月28日がプライベート・ビュー。
その前の3月に、CafeGalleryというところでショーがあります。

作品は・・・どうなるかなぁ。
来週、チュートリアルがあります。
それまでにプリント、終わるかなぁ・・・
と書いてないで、プリントルームに戻りましょう。
では。
by pitakoaiko | 2009-02-13 23:15 | 日常 Normal days

お見送り

主人を見送りに、成田まで行きました。
c0178022_21555750.jpg

レインボーブリッジの上からの写真、車窓からは難しい...
良いお天気でした。

その後、母と久し振りで日本の教会の讃美練習に仲間入りさせていただきました。
懐かしい「神の国と神の義」や「主イェスの十字架の血で」などを歌って、嬉しかったです。
こういうのはゴスペルというそうです。
歌を上手く歌うというより、主を思うこと、皆と一緒に歌うということが大事だそうで、ガラガラ声なのに大喜びで歌わせていただきました。

全地よ、主の御名を讃美せよ!
by pitakoaiko | 2009-01-10 21:54 | 旅 Holidays

風邪ひき・・・

ずーっと風邪をひいております・・・
治ったと思うとぶり返し。
周りでも、2回目とか、6週間もひいている!という人がチラホラ。
年末、学期末、結婚して初めてのクリスマスへの準備・・・やることは沢山なんだけどなあ。でも、もし元気だったら、変に張り切って余計なことをしてたかもしれないな。

ロンドンの忙しい私たち。でも空を見上げるとこんなです。

c0178022_18124955.jpg

by pitakoaiko | 2008-12-16 15:17 | 日常 Normal days

ドローイング・クラス

イギリスの雲は表情が豊かです。
窓からこんな空が見えました。
c0178022_162070.jpg


今日は学生生活のご報告をひとつ。
私は美術の大学院で勉強中です。
いくつもある自由参加のドローイング・クラスのひとつに参加してみました。
「自然をドローイング」するクラスで、教室に入ると・・・

c0178022_1151729.jpg

こんな風に花や枝、動物の頭蓋骨などが飾られていました。
で、生徒は各自それぞれ好きな時に入ってきて、好きな物を選び、画材も勝手に選んで、好きなように描きます。
適当な間隔で先生・・・この日はすごいおじーさんなジョン先生・・・が顔を出して、ドローイングのコツを教わったり、何か話をしたり色々して、また好きな時間に出ていくのでした。
ドローイングのクラスなんて久しぶりだったので、新鮮でした。

これから、ちょくちょく学生生活もご紹介したいと思います。
もうちょっと頻繁にアップしましょー、がんばるぞぉ!
by pitakoaiko | 2008-11-15 01:29 | 日常 Normal days