ロンドンでの日々の暮らしを、ご報告申し上げます。


by pitakoaiko
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

タグ:生き物 ( 69 ) タグの人気記事

5月のハーフターム

母が日本へ戻った後、娘の学校はハーフターム Half Term=学期Termの真ん中というお休み)に突入。
今回こそ、ヨークYorkの主人の伯母の所へと思ったのに、またまた予定が立たず。
でも、学校のお友達や日本語移動図書館のお友達に遊んでもらうことができました。
c0178022_14514441.jpg

これは、藤亀亭からそれほど遠くない、時々行く子供農場のハーフターム企画。
ブタの障害物競走であります。
c0178022_14534775.jpg

係の人の説明によると、なんでもブタは4番目に頭の良い動物なんだそうです。
一番目は人間。二番目はイルカやクジラ。三番目はサルの仲間。そして四番目がブタですと。
・・・そういう大きな区切りでいくと、たしかに四番目になるのもおかしくないような。犬とかって何番目になるかしら。

これは、娘が大好きな、小動物・ひよこやウサギをだっこできる所。
c0178022_15295054.jpg

ひよこは娘のヒザの上で眠ってしまいました。
これ、2度目。
前回・去年の秋だったかに来た時も、主人と一緒に抱いていて、この通り。
ひよこは、いつの間にかグッスリ。
c0178022_15491546.jpg

かわいい。

今日は、義妹家族を呼んでお好み焼き。外で食べようと思ったら、なんだか寒くなってきて、急遽コンサバトリーにて。こんな写真しかありませんが、お好み焼きって気楽に食べられて楽しいですね。
c0178022_15544397.jpg


というわけで一週間、娘が退屈しないように、色々企画を立てまして・・・普段、頑張っていなかったお母さんは燃え尽きました。

明日は安息日の日曜日。
教会へ行って、ゆーっくり安息しまーす。
by pitakoaiko | 2015-05-30 22:44 | 外出 Outing

また、雪!

c0178022_16162013.jpg

朝起きたら、別世界でした。
残念、娘は朝、ちょっとお腹が痛かったらしく、雪遊びはできませんでした。
でも、おかげさまで学校へは楽しく出かけました。
c0178022_16175192.jpg

昼には溶け始めた雪。
木の上に、サギが止まって、池の金魚を取れるかな〜?と見ています。
c0178022_16204297.jpg

雪だと、エサを食べにくる鳥が増えますね。
by pitakoaiko | 2015-02-03 22:14 | 日常 Normal days
c0178022_2033877.jpg

じ・・・実は・・・掃除をがんばってするはずの主人、助っ人が欲しくなりました。
ちょっと面白いかも、と賛成した藤亀亭主婦。

で、ガーデンセンターへ。
そして、助っ人を、それもたくさん(!)連れて帰ることにしました。
たぶん、皆さまの予想以上にたくさんの助っ人・・・

まずは、エビ3匹。英語名は忘れました。日本名は、ヤマトエビというらしい。
水槽の中の、藻やらゴミを食べてくれるそうです。
c0178022_21104266.jpg


それから、これは魚。やはり水底の藻を食べます。水槽の壁にもへばりついて、パクパク食べます。
シマの模様がかっこいいんだけど、うまく写らない・・・
c0178022_211355100.jpg


こちらは、私のお気に入り。
c0178022_21161619.jpg

水玉模様。シマより良く動きます
吸盤のような口がご覧いただけますでしょうか?

そして最後は、水槽の掃除もしないし、夏になっても池に放すこともできない魚・・・ネオンテトラ。
もう、これに至っては藤亀亭、皆さまに何の申し開きもできません!
c0178022_21193877.jpg


ちなみに、ネオンテトラの下の方に、実はもう一種類。
「頭隠して、○隠さず」の魚・・・
c0178022_21342098.jpg

実は今回、この縞々の魚がダントツで高級魚でございました。
なんと一匹で、4.99ポンド=約900円!
ま、これが一番水槽をキレイにするんだそうですけれど、元々無料の金魚のためと考えるとね。
しかも、それを1匹じゃかわいそうだからと、2匹も買ってしまった藤亀亭。
どうする!!?

というわけで、藤亀亭の節約タンクは、うってかわって贅沢な趣味の物へと、一夜にして化したのでしたぁ。
・・・なんとなく、こうなる気がしなかったわけでもないけれどさ。

今までの、手作り水槽のブログ記事です。
藤亀亭の節約法・・・?
藤亀亭の節約法・・・は、続く。
藤亀亭の節約法・・・は、まだ続いています。
by pitakoaiko | 2015-01-30 06:31 | 日常 Normal days
今、金魚さんたちは、隣りの小さなタンクに仮住まい中。
c0178022_16241095.jpg

・・・って、元々は、池に住んでいたのよね。

主人、大きなタンクの方を掃除しています。

水の中に空気を入れる装置(たぶん・・・)は、元々池で使っていたもの。
c0178022_16264115.jpg

よく見ると、フィルター代わりに、私の古いストッキング!
c0178022_16294687.jpg

いらないストッキングは無いか、と聞かれた時にわかっていれば、黒い方のを渡したんですけど・・・

かわって、こちらはバスルーム。
c0178022_16332539.jpg

よく見ると、水槽の中に入れてあったプラスチックの海藻・・・
c0178022_16343621.jpg

けっこう、掃除は面倒臭そうであります。
主人、こういう所はマメだなぁ。
他も、やればできるのかなぁぁぁ。
by pitakoaiko | 2015-01-28 05:13 | 日常 Normal days

庭の緑色の鳥

パラキートParakeetという鳥です。
c0178022_19452670.jpg

見えますか?
人を見ると、すぐ飛んでいってしまうので、中々うまく写真に撮れません。
って、他の鳥も上手く撮影できない私ですが。
一応、矢印の先にいます。
c0178022_1946206.jpg

晴れた日に見ると、綺麗な緑色のインコやオウムの一種です。
そして、くちばしは赤。

元々原産はインドだと、お隣のご主人がおっしゃっていました。
それで、ペットとして飼われていたのが逃げ出して、意外にもこの暗いイギリスの気候に慣れ、ハッピーにしているとのことです。

これは、2羽で来ているところ。
c0178022_19595248.jpg

藤亀亭に来る鳥としては、けっこう大きい方なので、お客様がご覧になると「おー!」と感心して下さいます。

この冬は、前の冬よりよく来るようになりました。
多いとペアが二組。つまり、このサイズのが4羽。
そうなると、エサの減りがちょっと早い。。。
ペットのように慣れていただくか、それとも、ご遠慮いただくことにするか、お財布の様子を気にしつつ思案中の藤亀亭でございます。
c0178022_202741.jpg

こうしていると、やっぱりかわいいですねぇ。 
by pitakoaiko | 2015-01-14 19:42 | 住 Home
留守をしていた間、おかげさまで藤亀亭の金魚たちは元気でした。
前回の金魚のブログはこちら
c0178022_15224486.jpg

真ん中の赤いモジャモジャは、金魚たちへ日本からのお土産。
3匹の金魚のうち、白い金魚は目が悪いので、ぶつかってビックリしていました・・・

日本で東急ハンズに行った主人。
水槽につけるLEDライトに感動しましたが、お値段はやはりそれなりにします。
折角ただで作った水槽に、それでは意味が無いと思ったそうで、家に余っていた電気をくっつけました。

ご覧いただけますでしょうか?
・・・水槽の汚れで見えない?
c0178022_15275658.jpg

ちなみに電気のコードは、水槽の向こう側にありますので、ご安心ください。
それから、LEDの良いところは、なんでも水槽に苔が生えなくなるところだそうですが、ま、そこは掃除を頑張るそうです。
c0178022_15372236.jpg


土曜日の藤亀亭では、主人の家族を呼んでちらし寿司を食べました。
年明けに2歳になった、娘の従兄弟に誕生日プレゼントを渡したり、クリスマス前に届かなかったプレゼントを渡したり、渡されたり・・・
c0178022_15422871.jpg

ちらし寿司。前以て準備ができるし、残っても色々使い道があるし、良いですね。
ただ、今回はそもそも、日本でいただいた、たっぷりある黒豆を皆で食べるつもりで、このメニューだったのに・・・出すの忘れたぁ。

c0178022_154449100.jpg

夜の金魚。
節約ライトに満足の主人、消すの忘れました。
・・・今度は、金魚が時差ボケにならないかしら。
by pitakoaiko | 2015-01-10 21:58 | 住 Home

新年、新ネコ

妹Tが、新しいネコを飼い始めました。
c0178022_21163023.jpg

今、まだ6か月の兄妹ネコ。
プーとメーだって。
c0178022_21172895.jpg

床一面に広がっているのは、妹の組み立て家具のパーツ。
娘、主人が家具を組み立てるのを手伝っている間、ネコたちと楽しく遊んでいました。
c0178022_21262089.jpg

実は、妹Tの飼っていたネコのポポは年をとり、去年、病気をして世を去りました。
これはその時、娘がそのポポに描いて送った、お別れの手紙。
c0178022_2129175.jpg

ポポの前には、ネコなんてよく知らなかった私。
(・・・なんて、今もよく知らないけど)
ネコは皆、似たようなものと思っていたけど、ポポはポポだったな。

そう、逝っちゃったポポは、娘に抱かれるのなんて、とんでもなさそうだったけど、メスのメーはちょっとだけ大丈夫。
そして、オスのプーは気を遣って、いっつも抱かれてくれるんだってさ。
c0178022_21373467.jpg


プーもメーも、すっごく幸せになって、たーくさん長生きしなさいよ!
by pitakoaiko | 2015-01-03 21:42 | 日常 Normal days

藤亀亭の節約法・・・?

ところで、昨日ブログにした窓の工事
はずしてもらった古い窓を、主人はお願いして残しておいてもらいました。

それで何を作ったと思います?

c0178022_12225359.jpg


水槽でーす!

池の中では上からしか見えない生物たちを、時々こちらに移して、娘によく観察させたいそうです。
金魚が皮膚病にかかった時とか、病院にするのにも便利。

c0178022_1227437.jpg

早速、泳いでもらっています。
こうして見てみると、池の中で見るより大きい!

水槽の底は、枯山水になっております。
c0178022_12394432.jpg

藤亀亭風ジョークですが、いかがでしょ?
c0178022_1241103.jpg


「もしかしてさ、ここで僕たちの姿に慣れてもらったらさ、池に戻しても、僕たちのことを見て寄ってくるようになるかもしれないよね?!」
夢いっぱいの主人です。

ちなみに木の窓枠の方は、日々暖炉に突っ込まれ、暖房費節約に一役かってくれております。
by pitakoaiko | 2014-12-06 12:50 | 住 Home

野生のハトの命

家の前で、動けなくなっているハトを見つけた主人。
羽にケガをしていて、だいぶ弱っていました。
そのままではキツネのエサになるだけだと、段ボールの空き箱に入れてやりました。
c0178022_64133100.jpg

そして娘と一緒に、エサと水をやりました。
ハトは弱っていましたが、娘が「おいで」と手を出すと、その手にヒョイと乗りました。
娘の喜びようと言ったらありませんでした。
c0178022_6443541.jpg

でもその後、ハトが相当悪い事に気がついた主人、娘の手を消毒し、シャワーも浴びさせました。
そして「このままではダメだろう」と、野鳥の会に電話しました。
が、打つ手は無く、翌日ハトは冷たくなりました。

主人が娘にハトの死を伝え、二人で庭の隅に埋めに行きました。
c0178022_6564738.jpg

庭から戻った娘は、神妙な顔で私に「ハトは死んで、お花と一緒にしたの」と報告に来ました。

ハトとは、ほんの1日も一緒にいられなかったし、3歳の娘には死というものは、まだまだ分からないものだと思います。でも、この出来事は娘の頭のどこかに仕舞われて、何かの折に呼び起こされることになるかもしれません。

何より、ハトが娘の手に乗ってくれた素晴らしさ。主人や私からすれば、小さな奇跡でした。

「二羽の雀が一アサリオンで売られているではないか。だが、その一羽さえ、あなたがたの父のお許しがなければ、地に落ちることはない。マタイによる福音書 / 10章 29節」
こんな聖句を思い出す、小雨降る秋の午後でした。
by pitakoaiko | 2013-10-26 22:22 | 特別 Special days

新たなる侵入者!

この間、一応キツネの親子に暇を出しました・・・まだ、その辺をウロウロしていますが。
でも、また新たなる侵入者!
c0178022_1518093.jpg

今度はアヒルです。ご覧いただけましたでしょうか?

ご夫婦で、新居をお探し中の様子・・・
c0178022_15271731.jpg


でも、アヒルもダメなのです。うちの小さな池には無理。
なにしろ、フ○がすごいのです。

(ところで、写真の下の方に写っているのは、カタツムリを飼っていた衣装ケースです。あれから、一緒に一匹だけ飼っていたナメクジとの悲しい別れがあり、全員外に放してやりました・・・ガーデニングには、あまり良くなかったと思うけど)

c0178022_15494928.jpg

・・・という訳で、主人が退去命令を出しています。

c0178022_15523275.jpg

池の水を循環させているのですが、まるで小川が注ぎ込んでいるように見えるので、鳥たちが大喜びでやってきます。かわいそうですが、仕方がありません。

アヒル、キツネ、そしてシカとリスはお断り!の藤亀亭でした。
by pitakoaiko | 2013-05-24 06:13 | 住 Home