ロンドンでの日々の暮らしを、ご報告申し上げます。


by pitakoaiko
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

タグ:お弁当 ( 27 ) タグの人気記事

ひな祭り 2014

去年、日本から連れてきた雛人形。その時のブログはこちら。
今年は、ぼんぼりと後ろの金屏風がそろって、立派になりました。
c0178022_23383189.jpg

ホントは、ボンボリって、おひな様の座る所にはのせないと思うけど、場所の都合上・・・

そして、真ん中には娘の力作の人形!
c0178022_23403216.jpg

娘が自分で張り切ってそこに置いたので、何だかそのままにしておきました。
それから何人かのイギリス人の友達に見せましたが、こういう物だと思われていたらどうしよう・・・

こちらは、娘のお弁当。
c0178022_23452888.jpg

私としては、かなーり頑張りましたが、昔、母が作ってくれたお弁当には、とてもかなわない・・・
たしか、雛人形の顔はウズラの卵だった気がするな〜
ま、ナーサリーでは、誰もひな祭りを知らないので、どうってことはありません。

そして、楽しみにしていた(私だけ・・・?)ひな祭りの夕食は、こんな風になりました。
c0178022_062371.jpg

この日の為に、日本で買ってきた「蛤にゅうめん」
c0178022_23503591.jpg

これは、お湯を欠けて3分待つだけで出来上がるのでした。本物のはまぐりが2つづつ入っていて、熱湯をかけるだけで、その貝がちゃーんと開くという、どうなっているのかさっぱりわからない、素晴らしい煮麺でした。
c0178022_071020.jpg

また日本に帰ったら、買って来よう!

このところ、ひな祭りということで、友達を呼んでは散らし寿司をごちそうした藤亀亭。
当日には、少しお寿司には飽きてしまい・・・
c0178022_143545.jpg

お寿司は、残り物のこれだけ〜。

まだ寒いイギリス、暖炉では主人が仕事場からもらってきた松の切れっ端が、ボーボーと燃えております。
c0178022_1192965.jpg

昨年は、ガス代の値上がりと、長過ぎた冬のせいで、光熱費が恐ろしく高かった藤亀亭。
今年はセントラルヒーティングの温度を18度に設定し、あとは薪を燃やして頑張ったのでした。
by pitakoaiko | 2014-03-04 07:24 | 特別 Special days

新しいお弁当箱

日本に帰ると、どうしても欲しくなる物の一つがお弁当グッズです。
年々、新しい種類や機能の優れたのが出て来る気がする〜
それで、今回は・・・
c0178022_1531433.jpg

こんなのを連れて帰ってきました。
ホントは中蓋もそれぞれについていて、保冷剤が入れられたり、汁気のある物も大丈夫のようにできてます。素晴らしい!
ただ、娘には面倒だろうから省略〜。

以前、キティーちゃんのお弁当箱をアマゾンでオーダーしたら、可愛いくて娘も大喜びしたのに、なんとその小さな手では開けられない!
ということがあったので、今回の選んだポイントは、まず娘が自分で開けられるお弁当箱なのでした。

屋根の形のフタなので、高さのある物も入れられて便利。
この日は、キティーちゃんのクッキーカッターを使ったサンドイッチ。
c0178022_20463532.jpg

キティーちゃんの奥には、娘のリクエストで、前日の残り物のパースニップが入っております。

そして、もう一つ連れて帰ってきたのは、ペンギンおにぎりを作る道具。
c0178022_151007.jpg

そう、これはパンダおにぎりを作る道具の姉妹品です。
パンダおにぎりの記事はこちら
・・・で、このペンギンも可愛い過ぎたのか、一匹は残って帰って来ちゃいました〜。

次に日本に帰る時には、どんな新商品が出てくるかな。
おにぎり器は、他に白と黒の動物というと・・・牛?
by pitakoaiko | 2014-02-21 15:32 | 食 Food

お弁当、三人分

久しぶりで、親子3人分のお弁当を作りました。
c0178022_1458159.jpg

左のが娘の分。ウサギのおにぎり入りです。
この間、納屋をこわした時に食べなかったパンダとは違って、こちらは平気。
なぜでしょう・・・
コメントにパンダは目が訴えている・・・といただいたけど、だからかな?
c0178022_15335085.jpg


これは、普段の娘のお弁当。
c0178022_1535179.jpg

あ、右端にサクランボを入れたので、ちょっと特別!
娘は今のところ、週2回お弁当を持って行きます。

以前はこの分量でウサギが一匹残っていたりしましたけど、最近はきれいに無くなっています。
もう少し大きくなると、こういう日本風のお弁当はイヤになるそうです。
フランス人の友達の7歳のお嬢さんも、たしかレンティルのサラダかなにか持たせたら、笑われたそうで、いつもサンドイッチにして〜と頼まれるそうです・・・
by pitakoaiko | 2013-05-21 06:56 | 食 Food

海辺でピクニック

c0178022_4174752.jpg

と言っても、新しい家で使う家電を買いに行ったついでに出かけただけです。
海はブライトン。
ロンドン郊外にある藤亀亭、海まで車で1時間かかりません。

c0178022_4185353.jpg

午前中に用事があって、それが終わってからのお弁当詰め。
冷ます時間も無いから、竹で編んだお弁当かごに入れます。

具だくさんの卵焼きは、具を欲張り過ぎちゃって大失敗。
メインは缶詰のスパムを焼いただけ。
そして、おにぎりは・・・

太宰治の「斜陽」の一説が心に浮かぶ・・・
「おむすびが、どうしておいしいのだか、知っていますか。あれはね、人間の指で握りしめて作るからですよ」

・・・「ほんもの」の貴族のお母様のセリフ。
ですが、すみません。手で握りませんでした。
熱いおかずと一緒に入れるので、衛生面から手を使わない方が無難・・・
結果は、ちょっと遅めのお昼だったせいもあって飛ぶように無くなり、足りないくらいでした。
めでたし、めでたし。

海、水温が低いので泳ぐ気にはなりませんが、やっぱり素敵。
せっかく近いんだから、娘が学校へ行く年齢になるまで、もっとちょくちょく出かけましょう!

前回、といっても2年前!に妹が来た時のブライトン・ピクニックはこちら
・・・なぜか、今時分と同じ、夏の終わりに出かけていました。
by pitakoaiko | 2012-09-06 05:42 | 外出 Outing

ローズ・ガーデン

木曜日、電車とバスを乗り継いで、リージェンツ・パーク The Regent's Parkにでかけました。
この公園にはロンドン動物園もありますが、 この日はローズ・ガーデンを歩きました。
c0178022_738593.jpg

今年は暖かい日が続いたので、花のピークが早かったそうです。でも、まだまだきれい!
赤いバラは、一緒にいた義姉が以前感動して唯一名前を覚えたというバラ「Deep Secret =深い秘密(!)」
c0178022_746889.jpg

なるほど、色も香りも素晴らしい。ちなみに義姉曰く、他のバラは今一香りが無いそうです。
私も、もし庭が持てたらこのバラが良いなぁ。

他に色が素敵と思ったのはこのバラ。でも名前を忘れちゃった・・・
c0178022_18505036.jpg


一方、名前が楽しいのは・・・
c0178022_18522677.jpg

「アイスクリーム」というバラ。
なるほどフワフワした花が、クリームと言えなくもないような・・・

で、最後に他を圧倒するようなバラ。
c0178022_1857499.jpg

その名も「Pride of England=イングランドの誇り!」
このバラはこの日が満開でした。
・・・ちょっと「不思議の国のアリス」のハートの女王を思い出させる色でございました。

お昼は芝生の上でピクニック。
気温が高いので、一緒に行った義母も義姉も私も、お昼は公園近くの日本食屋さんで買ったお寿司です。
娘にはコーニッシュ・パスティ Cornish Pastyを焼いて持っていきました。
c0178022_1991675.jpg

これは、パイ生地の中に牛肉と玉ねぎ、ポテトそれにスウィードSwede(=スウェーデン蕪)が本来入っているコーンウォール地方の食べ物。お弁当に最高です。
c0178022_2323284.jpg

今回は、スウィードが無かったからカボチャで作りました。
娘用なので、塩分無し。サイズも小さく、冷凍パイシートをくり抜いただけで簡単でした。

遠かったけど、とっても楽しかったです。
娘も広い公園を好きなだけ歩き回りました。(勝手にドンドン行っちゃうの・・・)

義姉が仕事を始めるまでの間、できたらまた一緒にピクニックしたいなぁ〜
by pitakoaiko | 2011-06-04 22:44 | 外出 Outing

妹がいた時の話

妹Tがいる間、(・・・といっても、たった3日間だった。今、彼女はウィーンにいます。)ブライトンの海へピクニックに行きました。
c0178022_17244331.jpg


夏休みも終わり、静かになった海辺です。
天気予報では晴れだったのに、朝から曇り時々小雨・・・
でも、がんばってピクニックしました。
c0178022_1726123.jpg

妹に食べてもらいたかった、イギリスらしいピクニック・フード、スコッチエッグ。
それから、ひよこ豆のペースト・フモス・・・これはイギリス料理じゃなかった。
右上の真っ黒けな固まりは、新しいレシピで作ったチョコレート・カップケーキ。
・・・作った私がまずいと言ったので、誰も手を出せませんでした。

ブライトンのピア=埠頭(?)は、お菓子屋さんがあったり、遊園地みたいになっていたり・・・
こんな古風な、そして怪しい馬車もありました。
c0178022_17431596.jpg

そして、ヘナで染める入れ墨屋さん。日本語読みすると、「変なタトゥー」
c0178022_17461430.jpg


夕方には晴れて、美しい海と夏の終わりと、妹との楽しい時間を満喫しました。
c0178022_17483768.jpg

by pitakoaiko | 2010-09-12 17:56 | 外出 Outing

外で昼ご飯

c0178022_5503784.jpg

c0178022_5503762.jpg

やっと落ち着いて、毎日に少し余裕が出てきました。
今日は主人の昼休みに合わせて、前の日の夕食の残りなど詰めて出掛け、主人の仕事先近くの原っぱで、簡単ピクニックをしました。
赤いシリコンケースの中は、簡単おかずマフィン。具はコンビーフだけぇ。

娘にとっては、三回目のピクニック。最初は、ウィンブルドン近くの公園で義父と義妹のお誕生日ピクニック。次は、ブライトンの浜辺で、義妹夫婦の洗礼式の後にピクニック。
毎回楽しいので、これからたくさんするぞぉ!って思っていたのに、もうイギリスの風は、夏の終わりの香りを運んでいます…
あと一回くらいは、したいぞぉ!
by pitakoaiko | 2010-08-17 05:50 | 外出 Outing

母親学級

c0178022_957205.jpg

c0178022_9572071.jpg

病院の母親学級に参加しました。
知らない事が多かった!
赤ちゃんは出産の時、出ては引っ込み、出ては引っ込みを繰り返す、とか。回転しながら出てくる!とか。
で、陣痛が始まってからの様子を、実際の写真と共に見せてもらいました。
可笑しかったのは、赤ちゃんが真っ青な顔をして出てくる写真とかもあるのに、私達妊婦の最も衝撃を受けた写真は、妊娠線がミミズ腫れのようになった38週目のお腹…
ちなみに、妊娠線とは赤ちゃんの成長と共に、短期間でお腹の皮膚がのびるので追いつかず、皮膚の内部に亀裂が入り、外から線が入ったようにみえるもので、ずっと残るらしい。毎日クリームを塗って皮膚をやわらかくして防ぐよう言われていますが、写真では36週目まできれい。だから妊娠最後期に、赤ちゃんが下がってきたところが危ないのだなぁ、と皆で納得。私は早速、病院の売店で売っているクリームを買いました。今までも、普通のボディーローションとか塗ってはいましたけど、ね。
色々準備、大変です。でも、がんばるぞ!

*お弁当は、母が作ってくれましたぁ。
by pitakoaiko | 2010-02-09 09:57 | 外出 Outing
なんだか、やることがいっぱい。Degreeが取れるかどうかだから当たり前か...
ブログも、中途半端になっております...
ま、やれるだけ頑張りましょう。

昨日のお弁当。
c0178022_16482882.jpg

そして、昨日の夕食...
c0178022_16484872.jpg


土曜日ですが、大学に行ってきます。
チューター達も来るそうです。
では!
by pitakoaiko | 2009-05-23 16:20 | 食 Food

お弁当

昼の分と夜の分。
c0178022_874861.jpg

手前の3つが昼。奥のパンとサラダが夜。

サラダ、私的には究極のサラダでございます。
c0178022_892448.jpg

中身をざっとご披露しましょう。

きゅうり
セロリ
ビーツ
赤ピーマン
リーク

スモーク鯖

それにフライド・ガーリックのドレッシングです。

すごいと思うんだけど、どうでしょう?
ちなみに、豆とスモーク鯖は凍らせていたのをそのまま入れたので、保冷剤代わりになりました。

今日は色々あって、ぼんやりでした。
明日から展示開始。
どうなるかなぁーーー。
by pitakoaiko | 2009-05-20 08:06 | 食 Food