ロンドンでの日々の暮らしを、ご報告申し上げます。


by pitakoaiko
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

ハネムーン in 北海道

ハネムーンは、北海道に行きました。
屈斜路湖に面した「砂湯」という所でキャンプ!
c0178022_19422569.jpg


c0178022_20343766.jpg


彼は北海道で生まれ、12才でイギリスへ行くまでそこで育ったのでした。
この砂湯キャンプ場は、彼が子供の頃もっとも楽しんだ場所だそうです。

ここは湖に面していますが、温泉地帯です。だから近所に川湯など、たくさんの温泉があります。
ここで、砂湯という名前の由来をご説明。
このキャンプ場の砂を掘ると、なんとそこには温泉が出てくるのでしたぁ!
c0178022_20114194.jpg

c0178022_2055544.jpg

あまり深く掘り過ぎると、熱湯が出てくるそうです。
そうしたら、湖まで一本水路を造り、その湖の水で薄めます。

まだ少し冷たい7月の屈斜路湖で泳いだら、冷えた体をこの手作り温泉で温める・・・
贅沢な、そして一生心に残る体験でした!ありがとう、彼!
c0178022_20213080.jpg

# by pitakoaiko | 2008-08-27 18:33 | 旅 Holidays
ロンドンで学生をしております。
美大の2年制の大学院で、9月の終わりから最終学年を迎えます。

先月、日本に戻って結婚しました。
c0178022_20442949.jpg

相手は、日本人のお父様と、イギリス人のお母様の間に生まれました。
本人曰く、右半分が日本人、左半分がイギリス人なんですってさ。

結婚式は日本の私の教会で、そして披露宴は近くのホテルでいたしました。
花嫁衣装は、和服にベール。真夏なので、透き通った打ち掛けでした。
彼は、結婚式のテーマカラー・赤いネクタイで、こちらはイギリスの正装でした。

結婚の申し込みに、彼はまず日本にいる私の父に許しを得に来ました。それが今年の2月。ちなみに、私へのプロポーズはその後でした。
知り合ったのは4年前。結婚を前提におつきあいを始めて1年近く。
やっと日本に来てから半年と経たない内、私の夏休みに合わせて挙式・・・大忙しの日々でした。しかも私たちが直前まで日本に帰らなかったので、母や妹、そして教会の皆さまに大変にお世話になりました。
この場にても、深く感謝いたします。

そんな中、結婚式当日は、久々の友人たち、親戚と、急なお誘いにも関わらず、思わぬ多くの方々に来ていただいて、感激すると同時に、日頃のご無沙汰を本当に申し訳なく思いました。また、小さかった従姉妹や、友達の子供たちがすっかり大きくなっているのを見て、のんびりしていた自分に反省・・・
せめてこれからは、と思ってブログを始めることにしました。

ロンドンでの新婚生活、そして学生生活をご報告。少しでもお楽しみいただけると良いなと思います。

どうぞよろしくお願い申し上げます!
# by pitakoaiko | 2008-08-26 00:36 | 特別 Special days