ロンドンでの日々の暮らしを、ご報告申し上げます。


by pitakoaiko
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

母のいる間・・・2

どうも撮った写真は、食事時のものばかり。いつものこと?

これは、ピクニックに行った時。
c0178022_8145164.jpg

だけど、お弁当だけを撮ったら、どこでピクニックしたかわかりませんね〜。
ま、行ったのは、いつもの近所の公園です。

そして、こちらは良いお天気の日に、庭で食べた昼ごはん。
c0178022_15145083.jpg

やっぱり、ご飯だけが写っております・・・
庭を写さないと、なんだかねぇ。

さて今回は、母には是非屋外で食事を!と思っていました。
感謝なことに、庭のある家に育った私なのでありますが、東京だったので、(東京だったのに?)蚊が多くて、小さい頃はさておき、大きくなると、とても庭でご飯・・・という気分にはならなかったような。夏は暑過ぎたしね。

ところで、今思い出しましたが、マンション住まいの男の子の友達が、わざわざお母さんまで連れて「ボウフラ(蚊の幼虫)を分けてくれる?」って、頼みに来たことがあったなぁ。そういえば、あのビンに入れたホウフラは、無事に蚊になっちゃったのかしら?

日曜日には主人作のロースト・ディナー・・・やっぱり、これは欠かせません。
c0178022_15232381.jpg

主人の作。
主人のロースト・ポテト、最高!
ところで、赤いテーブルクロスを敷いちゃったのは私。
赤はクリスマスっぽくなるそうだよ。たしかにね。

こちらは次の日曜日に母が作ってくれた、私には‘なつかし’のロースト・チキン。
今回知りましたが、母の考えた料理でした。
c0178022_15275914.jpg

ドデン!と大きめなチキン。
まずは、しっかり鶏全体に塩をします。手でガシガシとマッサージ。
それから、フタ付きの中華鍋に、お酒たっぷりめで、付け合わせの野菜も一緒に蒸してしまいます。
蒸し時間は、小さい鶏なら15分。今回の中華鍋いっぱいの鶏も30分かかりませんでした。残念、写真は無し・・・

鶏に火が通って野菜も軟らかくなってから、鶏だけ取り出し、オーブン皿にのせて、バターを塗ります。200度と高めのオーブンに入れて、色がつくまで10分ほど・・・だったと思う、たしか。
c0178022_15252337.jpg

付け合わせの野菜は、オーブンには入れないで、蒸したまま。
なので、こだわりのある主人にとって、これは正式なロースト・ディナーにはならないでしょう。ちなみに、主人のこだわるロースト・ディナーについての記事はこちら
母のは、これはこれで、とっても美味しい。

もたもたしても、1時間以内に出来上がるロースト・ディナーです。
いつも忙しかった母の簡単ロースト。今流行の時短料理って言うかな?
c0178022_1733863.jpg

鶏にはお醤油をつけて、ご飯と共にいただきます。
鶏を蒸した後に残った汁は、水で薄めてスープにします。
昭和な母は、孫に合わせてケチャップを入れました。これまた時短。
つけあわせのポテトは、普通のジャガイモの他にサツマイモも。
藤亀亭5歳児、よく食べました。もしかして、サツマイモは全部娘が食べたかしら?

母のロースト・チキン。
残った野菜は翌日、カレーにしたり、シチューにしたり。
そして私の大好物は、冷蔵庫に入っていた残りのチキン。
冷たいまま、時にワサビなぞつけたりしつつ、お醤油をかけかけ、熱々ご飯と共に食べる!
私のベスト朝ごはんの一つでございました。

というわけで、ごちそうさまでした〜。
# by pitakoaiko | 2015-05-20 21:11 | 食 Food

母がいる間・・・

ロンドンの真ん中へ出かける日々が続きました。
c0178022_19532553.jpg

エッジウェア・ロード Edgeware Roadという、結構何も無さそうな所(失礼?)の、日本人による、英国人の為の、日本の高級な!居酒屋さん。
c0178022_19565468.jpg

お客は英国人がほとんどのようで、お味噌汁を頼んだら、一番最初に出てきました。
そういえばイギリス人って、スープは前菜として飲むらしく、私が出す「みそスープ」も言わないと、それだけ最初に飲み干してくれていたなぁ。
また、お寿司はさりげなく、スモークサーモン以外は軽く火が通っていました。
で、とっても美味しかったです。サービスしてくれる方々も、誇らしくお皿を持って来てくれて、そういうのって良いですね。

さて色々、普段では考えられないご馳走を、ロンドンのアチコチでいただいて、私がダントツで感動してしまったのは、フェラ(で良いのかな?)Fera at Claridgeというレストランでの昼食でした。
いつかは夕食にも来たいものです。ここなら、主人も大丈夫そう。
レストランのカテゴリーとしては、現代英国料理レストランなんだそうです。
シェフは、サイモン・ローガン Simon Roganという人です。家に帰ってから、早速調べてしまった!

お願いして、こちらもお料理の写真を撮らせていただきました。
これは、最初の突き出し。
c0178022_2021827.jpg

藤亀亭主婦、もうこの一品だけで、お金を貯めてまた来なくちゃ、と思ってしまいました。
昼なのに、しかもこの後予定があったのに、ピンクシャンペンなんか頼んでおります。
で、最初の〜、と書いたのは、この後にもう一品別の突き出しが出たから。それももちろん美味しくて、皆でう〜っとり。

そして、私の頼んだ前菜がこれ。
c0178022_2099100.jpg

牛のたたきをコールラビ(カブの親戚?)で包んで、グリーンピースの酸味あるソースの上にのせてあるもの。私には限りなく、和食な感じですが・・・
器も、日本の物かと聞いてみれば、ロンドンの南はボクソールVauxhall近くの窯で焼いた陶器なのだそうです。限りなく日本の器に近い、英国の器であります。

で、この後は食べるのに忙しく、写真は無し〜。
いわゆる伝統英国料理ではありませんが、材料はほとんど英国のものでした。素晴らしい!感動!

それにしても食事は、魯山人ではありませんが、総合芸術でありますね。

というわけで大満足の昼食の後、夕食は、お友達のおすすめで、空港始め、あちこちにチェーン店のあるカルッチオ Carluccio'sというイタリアンで、さっぱりと。
c0178022_2030156.jpg

こちらはリラックスして、イタリアのビールとか言うのと一緒に楽しくいただきました。
人気があるのは納得。
それにしても、イタリアにもビールがあったとは知らなかった・・・

ところで、この間も書いた英語学校の先生のジョーク
「イギリスのおいしい料理を教えてあげよう。それは、イタリアンと呼ばれている・・・」
これは、もうそろそろ終わりにしてよいかも。
イギリスの皆さま、英国料理にはどうぞ誇りをお持ち下さいませね。
・・・と書きつつ、ただ英国食材を和風にアレンジしてもらって喜んでいるだけかもしれない藤亀亭主婦。

あっ、私のダイエット。
実は諸事情により、立て続けに3日間、昼夜と外食でご馳走ばかりでした。
が、ロンドンの町中を早足で歩き回った結果、なんと少しやせました!
ご一緒の方々は体重が増えたらしいのですが・・・つまり、私って運動不足!?

これからは、たくさん運動して、フェラに出て来たみたいなご馳走を食べまくる生活をしたいぞ〜!
# by pitakoaiko | 2015-05-19 21:51 | 食 Food
朝ごはんには、母が好きなスモークの鱈。
c0178022_8145277.jpg

母が、日本から持って来てくれた手作りのご飯の素で、タケノコご飯!
やはりおみやげの黒豆も〜。

和食の朝ごはんだけど、デザートはヨーグルト。
c0178022_8204779.jpg

久しぶりでラズベリーを買ったら、大きくて、形も良くて、美味しい!

昼食は、イングリッシュ・マフィンとサラダ。
c0178022_8191853.jpg

娘は、またまた誕生日パーティーにお呼ばれしていたので、お昼ごはんはそこでいただきました。
なので、パーティーのおみやげカップケーキを、楽しくパクパク。
c0178022_8274874.jpg

グミがのってた!

そして夕食は、ごちそうのロブスター!
c0178022_8313618.jpg

グリンピースは、またまた娘が、今度は母に手伝ってもらいながらむきましたぁ〜。
c0178022_833621.jpg

夕食のデザートは、ブレッド・プディング。
c0178022_8343145.jpg

残っていたパンやベリーを入れられる、便利なお片づけデザートです。

ところで、私は今日からダイエットを始めました・・・
ホント?
# by pitakoaiko | 2015-05-09 21:11 | 食 Food

近所の公園へ

昨日のバンクホリデー=公休日は、主人が仕事だったので、義妹家族に来てもらって近所で遊びました。
c0178022_1821518.jpg

時々行く隣町の公園。
藤亀亭の周りでは、一番大きいんじゃないかしら。

義弟がブンブンと気前良く動かしてくれた、回転ジャングルジム。
上の方に張り切って乗っていた娘、しばらくして、止めてくれるように頼みました。
c0178022_1815240.jpg

写真は、それを聞いた2才の甥っ子が「ぼくが助ける!」と頑張ってくれているところ。
2才でも男の子って、女の子を助けたいらしい。
でも、何しろ足元がやわらかいし、だいたい手足が短いので、かけ声ばかりでずっとこの状態・・・。

しまいに、飽きちゃった娘が飛び降りて、甥っ子の「従姉妹の救出作戦」は未完に終わりました。

その後、午前中の仕事を終えた主人や、義父母が合流して、楽しく近所のパブ・レストランでランチ。
c0178022_18581547.jpg

良いお天気に恵まれ、楽しい週末でした。
# by pitakoaiko | 2015-05-05 05:59 | 外出 Outing
娘のお友達のご家族を家に招いて、お好み焼き。
でも、その写真は無くて、これは皆が帰った後です・・・
c0178022_15374448.jpg

お友達のお父さんが、カジュアルでとっても飲みやすいワインを持って来てくれました。

お好み焼き・・・
撮った写真は、こんなのだけ。
c0178022_15414391.jpg

お好み焼きの種(と言う?)を作ってもらっているところ〜。

え〜、お招きしておきながら、お好み焼きも、そして焼きそばも、ほとんどお客様に作っていただいてしまった藤亀亭主婦です。
前に、私が作ったお好み焼きとは大違い。
野菜たっぷりで、味もあって美味しかったです!

お母さん達が楽しく料理の準備をしていた間、お父さんと子供達は庭で撮影大会。
c0178022_15472852.jpg

・・・と、ゴチャゴチャの庭をお見せしちゃっておりますが、その奥にいるお父さん達をご覧になれますか?
c0178022_15493583.jpg


藤亀亭、家の中も外も春の大掃除が必要です。
反省しながら、このブログを書いている主婦でした。
# by pitakoaiko | 2015-05-04 06:35 | 特別 Special days
今日は、娘の仲良しのお誕生会。
8回目くらいの「Frozen アナと雪の女王」パーティーです。
c0178022_13571813.jpg

お友達、椅子の上に立って「Let it go」を熱唱しております。

・・・そういえば娘の時には、ケーキの時くらいしか「あなたが主役!」な場面って用意しませんでした。こういうところは日本人だったな。
他の子達のは、この独唱にしても、エンターテイナーが来ることが多いからか、皆を代表して手品を手伝ったり、真ん中に座ってスポットライトを浴びたり・・・たぶん、こちらの誕生パーティーは、その為にあるんだろうなぁ。
「私が主役!」という体験を、早いうちからしておくのって良いですね。

さてその娘。今回は、フェイス・ペインティングしてもらいました。
c0178022_143840.jpg

いっつも蝶々。
で、パーティーの後、蝶々の顔のまま主人と自転車乗りに出かけて行った娘でありました。写真は特に無し。

そういえば最後に、藤亀亭の八重桜。ただ今満開でございます!
c0178022_145637.jpg

・・・手入れの仕方が分からないので、モコモコしております。これで良いのかしら?ちょっと不安。

イギリスは、月曜日が Early May Bank Holiday(=5月初期の公休日?)でお休み。
ちなみに、今月は後半にもSpring Bank Holiday(=春の公休日)というのがあります。
日本はゴールデンウィークの真っ最中ですね。

皆さま、良い週末をお過ごし下さい!
# by pitakoaiko | 2015-05-02 21:53 | 外出 Outing
これも、少し前・先週末の話。
学校で、Frozen Sing-along Party=「アナと雪の女王・一緒に歌おうパーティー」というチャリティー・イベントがあって、娘は張り切って出かけました。
c0178022_18395450.jpg

写真は、ノリノリ過ぎて、立ち上がってしまった娘とそのお友達・・・
二人とも、もう週末のユニフォームと化している、エルサ・ドレスを着ています。
ご覧の通り(って、暗くて見えるかしら?)、会場にはエルサやアナが他にもいっぱい。若干、アナの方が多いかな?エルサ・ドレスはチクチクするからイヤだと言われ、アナ・ドレスも買ったお母さんが周りに何人かいます・・・。それにイギリスのお母さんには、アナのドレスの方がかわいいらしい。
また、姉妹のお供で来たオラフやスヴェン(トナカイ)もけっこういました。中には、大人に育ったアナもいて、そのアナは、後でコスチューム賞をいただいていました。

イベントの企画は、映画と一緒に歌を歌うだけでなく、アナ雪ケーキがあったり、映画鑑賞に付き物のポップコーンがあったり。また、マニキュアやシールのタトゥーをつけてくれるコーナーもあって、盛りだくさん!
娘も早速マニキュアとタトゥーをつけてもらいました。

で、写真は、お風呂に入った時にも取れないようにキープしたタトゥー。
写して〜と、突き出された娘の腕を見てやって下さい。
・・・お母さんは、朝ごはんの記録にクマちゃんおにぎりを撮ったんだけどね。
c0178022_18514848.jpg

このまま、得意げに登校した娘。お友達のは、ほとんど取れちゃったんですって。
で、実はこのタトゥー、一週間経った今もうっすらとついています。
・・・子供をお風呂に入れていないって思われるかな?
それより、肌に悪かったかしら?

今夜は取りましょう。
そして、明日の、もう8回目だかの「アナと雪の女王」パーティーに備えなくっちゃ!
# by pitakoaiko | 2015-05-01 22:34 | 日常 Normal days