ロンドンでの日々の暮らしを、ご報告申し上げます。


by pitakoaiko
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

<   2012年 08月 ( 6 )   > この月の画像一覧

昨日のブログの続きです。
c0178022_643355.jpg

写真は、イギリスの選手団が入場してきたところ。出場選手300人以上と一番の大所帯。
会場中にユニオンジャックがはためきます。

パラリンピックの開会式の演目は、ミランダMirandaという足の不自由な女の子が主役のドラマ仕立てになっていました。
ステージの上のポッチリ写っているピンクの後ろ姿がミランダちゃん。
隣りには、やはり後ろ向きの俳優のイアン・マッケラン Ian McKellen。
昨日のブログにも書いた通り、クィーンの反対側の席なので真ん中のステージの人は、とかく後ろ向き・・・
c0178022_6505362.jpg

シェイクスピアのテンペストに始まって、ホーキング博士のメッセージから、科学が人を自由にする!というテーマで物語は進みます。
c0178022_783546.jpg

リンゴは、ニュートンのリンゴ。
私達観客にリンゴが配られ、演目の中で会場中が合図に合わせて、リンゴを一口かじる・・・という場面がありました。

失礼ながら、これが私のかじったリンゴ。
c0178022_713318.jpg

ステージにもリンゴがいっぱい。
c0178022_7144240.jpg


ところで、日本の実家の母も開会式をテレビで見ていたそうですが、私達がリンゴをかじったところは覚えていなかったので、もしかして日本のテレビではカットされていたかもしれません。

というわけで、リンゴを食べているうちに、聖火が灯され、「I am who I am (=私は私という人・・・? 訳が案外難しい)」という歌が歌われ、たくさんの花火と共に開会式は終わりました。
写真は、ステージの脇にいる日本選手団。
c0178022_726671.jpg


これはチケット。トラベルカード=一日乗車券が一緒についてきたので、とても嬉しかったです。
c0178022_7314828.jpg


開会式の終了予定は夜の11時でしたが、その時間にはまだ選手が入場中。実際に終わったのは12時を回っていました。オリンピックの時はそれ以上に遅かったと聞いていたので、私達はあらかじめ会場近くのB&Bに一泊することにしました。

ということで、娘は生まれて初めて私達と離れ、一人で義父母の家にお泊り!

写真は、ぐっすり寝て、さっさと着替えもしてもらって、モリモリ朝ご飯を食べつつ、ポーズをとっているところだそうです。義母の撮影。
c0178022_7424495.jpg


引っ越しやら何やらで、先月末の結婚記念日4回目には何もしませんでしたが、(・・・というか、その日がちょうど新しい家の明け渡しの日!)このパラリンピック開会式は、それに代わるモノになりました。協力してくれた義父母と義妹夫婦、そして頑張ってくれた娘に感謝です。
c0178022_7583788.jpg


それから、長いパラリンピック開会式のご報告にお付き合いいただいた皆さま、ありがとうございました!
by pitakoaiko | 2012-08-31 20:45 | 外出 Outing
c0178022_6284729.jpg

写真は一応、日本選手団の入場の様子。携帯での撮影。
かんじんの選手達は写っていませんが・・・私が必死に振った日の丸はかろうじて写っております。

主人が望遠で写した写真はこちらです。
c0178022_6343784.jpg


素晴らしい開会式でした。
ずっと行きたかったパラリンピック。
残念ながら、競技の方のチケットは取れませんでした。ほぼ完売!
でも、開会式で充分に感動して帰って参りました。

c0178022_6403211.jpg

これは開会式の始めの方。
スタジアムの上の方に設置されたスクリーンに、4人の身障者の映像が、それぞれの体験の語りと共に映し出されます。

その中に、戦争へ行って身体に障害を受けた男性がいました。彼はその後パイロットの訓練を受けました。その彼の語りが終わった直後に、私達の頭上を、彼自身が操縦する小型飛行機が花火を打ちながら旋回しました。感動の演出でございました。
c0178022_792851.jpg

・・・頑張って撮った写真なのですが、これじゃわからないでしょうねぇ。

その4人の中に、マーガレット・モーガンさんという方もおられました。
1960年に開催された第一回目のパラリンピックで、アーチェリーの種目に出場。英国に最初の金メダルをもたらしました。
事故で半身不随になった時、医者から励まされ、不自由になったことを嘆くのでなく、逆に積極的に色々なことにチャレンジすることにしたそうです。そして、その気持ちは84歳の今も変わらないとおっしゃるご様子は本当に素敵でした。

その彼女が、聖火ランナーの最後として出てこられた時には、スタジアムの全員が尊敬の念を表すべく起立しました。
c0178022_6565951.jpg


もう一方、私達が尊敬と共に起立したのは、もちろんこの方。
c0178022_731758.jpg

英国のエリザベス女王です。
これも主人の撮影。何しろ厳しい荷物規制で、三脚はほぼ持ち込み不可の中での大作(?)
c0178022_7172534.jpg

クィーンとおわかりいただけますでしょうか?

この写真からもお分かりいただけるかと思いますが、クィーンは、なんと私達のちょうど反対側にお座りになりました。
それはつまり、私達はしょっちゅう、出演者達の後ろ姿を観ることを意味するのでしたぁ。
それでも、素晴らしい催しでした。

まだもう少し写真があるのですが、眠くなってきたので、続きはまた明日
by pitakoaiko | 2012-08-30 22:27 | 外出 Outing

ビギナー・ガーデニング

c0178022_66864.jpg

主人、夏休みを新しい家のガーデニングに費(つい)やしています。
写真は庭の奥の方にある、元のオーナーが「シーサイド」と呼んでいた所。
日暮れ時だったので、ちょっとピンぼけ〜。

主人が除草剤をまいたり、熊手(くまで)で掃除したら、なるほどシーサイドらしくなってきました。

私も密(ひそ)かに貢献(こうけん)しています。
これは、私が枯れた葉っぱをどけた写真。
c0178022_6105392.jpg

思い切ってバサバサやったので、枯れ葉の小さな山ができました。
黄色い枠で囲ったのが、その山です。
・・・ところで、この木はこんなに切っちゃって大丈夫なのかしら。
c0178022_6142278.jpg


最初は、こんなにゴチャゴチャでした。
c0178022_6192524.jpg


藤亀亭のガーデニング、ビギナーにはちょっと難しい。
・・・こんなので良いのかなぁ。

えー、私が調べもせずにバサバサ切った木は、他にもあります。
c0178022_6215361.jpg

これは、スモーク・ツリーSmoke Treeというらしい。
オシャレな紫色で、庭の大事なポイントの一つです。
でも、隣りのガクアジサイを覆(おお)う勢いだったので、ちょっと切ったところ、何だかバランスが悪い。それで今度はこっち、次はそっち・・・と切っている内に、下の方だけ予定以上にスッキリさせてしまったのでした。
この木も、こんなに切っちゃって大丈夫なのかしら・・・

もともとは、こんな感じでした。って、差が分かりますか?
c0178022_6315624.jpg


それから、主人がバサバサやりたかった低木は、一面につぼみを付け出したので、それがどんな花になるのか見届けてからになりました。残念だったねぇ。
花が咲いたら、ブログでもご報告するつもりでーす!

さて両親が庭で戦って(!)いる間、娘は何をしているかというと・・・
c0178022_642514.jpg

こんな物に乗せられて、ブラブラしています。
そしてまだ、いまいち自分でこげないので、しょっちゅう叫んでいます。
「マミー、ラウンド&ラウンド(=グルグルやって〜)」
「ダディー、サイド トゥー サイド(=横に押して〜)」
・・・ちょっと面倒。
でも、草取り用の刃物がついた道具たちの真ん中にいるよりは、まだ空中にいてくれたほうが安心です。
ビギナー・ガーデナーの試行錯誤、まだまだこれからです・・・
by pitakoaiko | 2012-08-28 07:05 | 住 Home
c0178022_1822595.jpg

主人の家族ぐるみの友人のお誕生日バーベキュー。
先週の話です。
バーベキューの写真は無し。こういう時の私は、いつも必要以上にバタバタしてしまいます。
なので写真は翌朝。淋しい・・・

主人の家族が22年ぶりに再会したというアメリカ人のクリスチャン姉妹と、そのお友達。
オリンピック伝道に来ていました。
なんでも、オリンピックの色んな競技会場にブースがあって、祈ったり、キリスト教とは・・・と福音を伝えたりするそうです。
そんな活動があるとは知らなかった。


義妹の作、誕生日ケーキだけは写真を忘れませんでしたぁ。
c0178022_17341651.jpg

来年お正月早々に出産予定の義妹。
義弟が大きいせいか、すでに巨大なお腹。
でも久しぶりに焼いたというカップケーキも、相変わらずオシャレです。

義妹の今までのケーキのブログは以下をクリックしてください。
ハッピーイースター
2歳の誕生日
イギリスの母の日
・・・おかしいなぁ、もっとあると思ったのに。
マメにブログ報告をしなくては・・・
by pitakoaiko | 2012-08-25 22:29 | 特別 Special days
c0178022_2238915.jpg

引っ越し先の庭、ひと月経って次の花が咲き始めました。

・・・と思ったら、翌日には無くなっている。
c0178022_2241862.jpg


お分かりになりますでしょうか?黄色で囲ったあたりに咲いていた花が無くなっています。
c0178022_22414937.jpg


犯人は、この写真の中に居ます。
(写真が悪くてスミマセン。主人曰く、犯人はピクセル4つ分だけだってさ)
c0178022_22453097.jpg

見えましたか?
見えなかったら、アップをどうぞ。
c0178022_22474065.jpg

・・・アップでも難しいかも?
犯人は、なんと野生のシカです!

シカは嬉しいんだけれど、花が食べられてしまうのは何とも困ります。

そういえば前に住んでいた所では、リスに困っていたなぁ。
「リスはダメです」のブログはこちら
「また、リス!」はこちら

昨日は日本の終戦記念日だったので、夕食は簡単にすいとんを食べました。
半分イギリス人の主人は「すいとん」を今一わかっていませんでしたが・・・
c0178022_22594861.jpg

そして、娘には食べにくかったようで、急いで代わりに残り物のパスタを食べさせましたが・・・
c0178022_2325957.jpg

これから藤亀亭の年中行事にして、娘に戦争というものを伝えていこうと思います。

今ある紛争の数々が一日も早く解決して、新たな戦争が起こらないよう、切に祈ります。
by pitakoaiko | 2012-08-16 23:18 | 住 Home

砂遊び

c0178022_1640023.jpg

オリンピック、日本の選手も頑張っているそうですね。
テレビの無い藤亀亭。
情報は人から、そしてラジオから・・・

イギリスは、案外金メダルが多いようで、皆とても喜んでいます。
しかも、自転車で金メダルを取ったせいか、道路で自転車に乗る人たちが増えたような。
・・・ちょっと運転しづらい。こちらでは自転車は車道を走らなくてはいけません。

引っ越しが伸びて、夏に日本に帰るのはやめた藤亀亭。
静かに、そしてちょこまかと二つの家を行き来しています。
上の写真は、庭の奥に咲き出した花です。何ていう花なんだろう・・・

さてそんな中、娘が池に落ちるのを心配した義父母。
娘の気をそらす作戦で、なんとサンドピットSand Pit=砂場?をプレゼントしてくれました。
それも、藤亀亭にふさわしいカメの形!

早速、主人がサンドキャッスル=砂のお城の作り方を教えています。
c0178022_1754788.jpg

そういえば去年のサマーホリデイでは、足にちょっと砂がついただけで泣いていた娘。
今では平気で、全身ずぶ濡れ、砂だらけ。最後に慌ててシャワーに入れました。

c0178022_17241931.jpg

・・・ところで、砂のお城の完成写真が無いのは、なぜでしょう???
by pitakoaiko | 2012-08-08 17:30 | 住 Home