ロンドンでの日々の暮らしを、ご報告申し上げます。


by pitakoaiko
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

<   2009年 08月 ( 12 )   > この月の画像一覧

母帰る。Mother's gone home.

先ほど、母を見送りました。
でも、またすぐ来るって。
昨夜の夕食。やっぱり母の好きなラムです。

I sent my mother off just now.
She says she will come back soon though.
Last night dinner. It was again her favourite lamb.

c0178022_23342649.jpg

c0178022_233503.jpg


スターターは、カボチャのポタージュ。
Starter was pumpkin soup.

c0178022_2337780.jpg


母、元気で若いのですが、けっこう歳です。長生きして、何度も来てほしいです。
My mother looks very young for her age. I hope she lives long and enjoy visiting us more and more.
by pitakoaiko | 2009-08-31 23:47 | 食 Food
お昼、母と二人でピカデリーサーカス Piccadilly Circus で食事です。
日本から来たばかりの母だけど、ロンドンでの日本食を面白がって、ジャパン・センターJapan Centreでお寿司。

My mother and I had Japanese lunch at Piccadilly Circus.
Although she just arrived from Japan, she was curious about Japanese food in London.
So we popped in to Japan Centre and had Sushi.

c0178022_1871316.jpg

ベジタリアン寿司。
ゴマだれをつけて食べるのが良かったです。
シソが美味しい!

Vegitarian Sushi.
Having it with sesame sauce was good idea.
Shiso = Japanese basil was effective.

c0178022_18204181.jpg

ロンドンで、カリフォルニア巻き。
美しい!

California Roll.
Beautiful!
by pitakoaiko | 2009-08-28 23:01 | 外出 Outing
日本から母が来ています。とても短期間の滞在。
My mother came from Japan. Very short stay...
c0178022_16502690.jpg

いつもの食事だけど、やっぱり賑やか。

ラムは全員大好き。
ハモスHoummos(フモス?)は面白いから、キュウリと一緒に、とくに母の為に。
でも、主人はキュウリが臭いからしてダメなので、主人の席からはできる限り離して置いてあります。
私がキュウリを横で食べると、時に扇風機を回さなくちゃいけない主人。大変です...

そうだ、チンゲン菜と鶏と豆腐のスープ、やけに主人が感動していたので、それも特記しときます、へへ。

Everyday dish but cheerful because of the number of the plates.

We all love lamb.
Hoummos is fun to eat so I served it with cucumber for my mother.
But my husband hates cucumber, even smell of it, so it stayed as far as possible from him.
When I have it next to him, sometime he has to turn on the electric fan... bless him.
by pitakoaiko | 2009-08-27 23:11 | 食 Food
日曜日の朝ごはんです。
Sunday breakfast.
c0178022_1916186.jpg

前日のベイビー・シャワーの時、余った中からいただいてきました。
妊婦さんのおばあちゃまの手作り!
It is leftover from the baby shower a day before.
Home-made by my friend's ground mother.

中身は、健康的にゆで卵。
There is a boiled egg inside. Very healthy!
c0178022_19222586.jpg

一緒にトマト・ピクルスも。レシピはこちら。
It is pickled tomato in the glass.

とってもお腹がいっぱいになったので、教会の後、珍しく昼ご飯を食べたくありませんでした。
I was full even at lunch time after the church.

土曜日の晩は、ベイビー・シャワーの後、日本のクリスチャンの友達二人と食事に出かけました。
久しぶりに会う友達は、それぞれ良いニュースがあって、たまたま誘ってくれたSちゃん自身もタイミングの良さにびっくり。
彼女のお友達のパブで、とーっても美味しく楽しく過ごしました。
I had dinner with my 2 christian friends on Saturday.
Everybody had a good news!
I really enjoyed their company.

主人は、妹Hちゃんの婚約者のスタグ・ナイトにでかけたので、別々。
スタグ・ナイトStag night =雄鹿ナイトって、結構式前に、新郎とその男友達だけが集まって、独身最後を楽しむパーティーです。とってもワイルドで、よく映画とかではスト○ッパーなんか呼んじゃったりする...最近では、外国でも悪評が高まるイギリスの悪ふざけパーティーです。
(例えば、ベルギーだったかで、修道女のカッコをしたイギリスの男性たちが、何人も捕まっちゃったニュースとかあります。たしか修道女への侮辱罪とかそんな罪...)
While I had a nice time, my husband went to stag night for his sister's fiance, M.

で、Hちゃんの婚約者も、ワイルドな友達が多いのでどうなるかと思ったら...別の方向にワイルドで、皆でエアソフティングAirsoftingに出かけたそうです。プラスティックのBB弾っていうのを、お互いで打ち合うゲームらしい。皆、本格的に兵隊の格好をしてやるそうですが、その日、Hちゃんの婚約者・Mさんは、ピンクのドレスを着させられたんだって。
主人は、Mさんの教会の人たちとかと、ゲームの後の食事から参加。でも、その食事の前に、シャワーを浴びた後、水疱瘡みたいにあちこち、弾が当たって赤くなったMさんの背中に薬をつけるのを手伝ってあげたそうです。スタグ・ナイトって、大変...
M and his wild friends went to airsofting and M had to ware pink dress!
My husband joined afterwards but he helped M to put TCP on his back because it was covered with bruises... poor M.

私の主人も、スタグ・ナイトをしました。でも、彼の友達は皆おとなしく、主人は、ピンクの帽子をかぶって、レゲェ風の網々のタンクトップを来るだけですみました。
ただし、彼はほとんどスタグ・ナイトが浸透していない東京の町で着なくちゃ行けなかったから、そこはちょっと面白かったと思う...
My husband just wore a pink cap and Reggae net tank top for his stag party. But he did it in Tokyo where no one knows about the stag night.
c0178022_2133561.jpg


ちなみに女性はヘン・ナイト Hen night =めんどりナイトっていう、もっとおしとやかなパーティーをします。私の場合は、日本に戻る前、ハイドパークでピクニック・パーティをしてもらいました。
My hen night was a lovely picnic in Hyde Park.
by pitakoaiko | 2009-08-24 21:06 | 食 Food
友達のベイビー・シャワー=これから産まれる赤ちゃんをお祝いするパーティーにでかけました。
参加するのは、女性だけと決まっています。
I went to the baby shower.

c0178022_295615.jpg

公園で、ピクニック形式のパーティー。
We had picnic party in the park.

c0178022_2121455.jpg

持ち寄りのご馳走たち。
名字のA~Lはご飯もの、M~Zは甘いもの。
Surnames A~L bring savoury and M~Z bring sweet.

他に、これから産まれる赤ちゃんの為に、タオルケットや、おんぶヒモとかプレゼントを持って行く人が多いです。私は、赤ちゃんのことはわからないから、とかく便利な小物入れとビーズのブローチ。妊婦さんの為の物でした。他にも、私と同じ傾向で、リラックスできるバスタイム・セットとかプレゼントされていました。
I had no idea about baby stuff so I brought something for becoming mother herself.
Small bags and a beads brooch.

それぞれ自分たちの赤ちゃんのときの写真を持って行って、それを誰の写真か当てるゲームや、ベイビースキャン写真の手足がどれ、とかおへそがどれって当てるゲーム...
そんな遊びをして過ごしました。
We also brought a baby picture of ourselves then we played who's the baby game.
There was another game to match the baby scan photo to the part of the baby's body such as arm, feet and bellybutton.

楽しかったです。
I really enjoyed it.

c0178022_2253785.jpg

ところで、これはカレーを食べにきた友達がくれたジャム。
洋梨と色付けにブルーベリーが入っています。
彼女、2時間も煮続けたんだって!
とっても美味しくいただいています。
This is Pear and blueberry jam.
The friend who visited me to have a curry night made it.
She cooked for 2 hours!
Really tasty.
by pitakoaiko | 2009-08-23 02:30 | 外出 Outing
友達が来るので、料理のリクエストを聞いたらカレーだって。
なので...
My friend were coming so I asked her what she wanted to eat. She said curry.
So...
c0178022_18101591.jpg

得意のスリランカ・カレー、魚と鶏肉の2種類。
そして、ニンジンの付け合わせサラダと、ジャガイモのマスタードシード炒め。
My speciality, Sri Lankan curry. Fish and Chicken, 2 kinds.
And carrot relish, pan fried potato with mustard seeds.

デザートもネットで見たスリランカのプリン。黒砂糖とココナッツミルク。
簡単でした。
Dessert is also Sri Lankan. Brown sugar and coconut milk baked custard.
It was easy to bake.
c0178022_18233132.jpg


友達は、1時間早く来ました。少なくとも2時間前には教えてくれていたと思うけど、それでも彼女が来た時、私はまだ料理を始めてもいなかった...はぁ。
彼女はそれをみて、「いつものことじゃん」となぐさめてくれ...たんだか、ただけなしただけなんだか...
She came 1hour earlier. Although she told me that at least 2hrs before, when she arrived I hadn't started yet... so disorganised. But she said 'you are always like that' to encourage me... ? or let me down...

でも、今日のブログ・タイトルの「カレーに向けて」の準備は、そのできなかった準備でなくて、その前のことです。
Anyway, 'preparation' in today's blog title is not about that delayed preparation.
There was some other preparation required.

c0178022_18382320.jpg

c0178022_18384960.jpg

実はカレーと決めてから、ちょっとお腹の調子が怪しくなったので、準備に前日からお腹に優しい和食を食べたのでしたぁ。
Since I decided to have curry dinner, my stomach had been strange so...
I had stomach-friendly Japanese meal from a day before.

その甲斐あって、今朝は元気です。めでたし、めでたし。
After such effort (!), I am very well this morning. MEDETASHI, MEDETASHI !
by pitakoaiko | 2009-08-20 18:51 | 食 Food

イギリス飯 English Dinner

主人が夕食を用意してくれました。
すでに遅い時間だったから、簡単イギリスご飯。
My husband prepared dinner.
It was already late so he went for easy English plate.
c0178022_16203165.jpg

パイとチップス
Pie and chips

パイ、ほんとは、ひっくり返すのが正しい盛りつけの仕方だって。ホントかな?
He said the proper way of serving pie was upside down. Really?

c0178022_16243555.jpg


ビーフ・ステーキ・パイと呼ばれているけれど、中身はこんな、細切れビーフです。
Beef steak pie! The filling is like this.
c0178022_1627682.jpg


野菜もちゃんと食べています。
We had vegetable with it, all right.
c0178022_1628354.jpg


ごちそうさまぁ〜
Gochisou sama!
by pitakoaiko | 2009-08-19 16:36 | 食 Food

自閉症のこと。About Autism

私の友達に、何人か自閉症のお子さんを持つ方々がいます。
この度、いつも楽しく拝見している、カリフォルニアの日本語ブロガー Chibilitsさんが、アメリカABCのある自閉症児に関する素晴らしい番組を紹介していらしたので、お願いして、私のブログにも載せさていただくことにしました。
I have few friends who has autistic children.
One of my favourite blogger,Chibilitsさん, introduced a wonderful American ABC TV program about an autistic teenager so I asked her permission to have the link on my blog.

その日のChibilitsさんのブログです。「」の中の文字をクリックして下さい。
カリフォルニアのばあさんブログ:自閉症の内側
This is her blog on that day. Please click inside 「」(It is written in Japanese only)
カリフォルニアのばあさんブログ:自閉症の内側

以下、私の要約です。
赤ちゃんの時から重度の自閉症と診断されたカーリーCarlyは、一言も話せず、また彼女の周りの世界に、いかなる方法でも感情を伝えることができないと思われてきました。
でも、彼女が11歳になった時、セラピーの一環で初めてパソコンを使った際、突然彼女は、「痛いHurt、助けてHelp」とタイプしたのです。
それまで、タイプどころか、スペルができるとも思われていなかった彼女のいきなりのコミュニケーションに、彼女の両親も、セラピーに携わる人々も本当に驚いたそうです。
The following is my summery.
Carly was diagnosed autism when she was a baby. She could not speak a work or connect to the outside of the world in anyway, so everyone thought.
However, when she became 11yrs old, she used a computer for the first time through the therapy, she suddenly typed 'Hurt, Help'
Until this moment, she was believed that she could not even type but knew spells.
So this was a big surprise not only for her parents but her therapists.

素晴らしかったのは、chibilitsさんも書いていらっしゃいますが、カーリーを自閉症と診断されながらも、あきらめずに彼女にセラピーを続けさせ、また本を読み続けたご両親です。
セラピスト達は、難しいから、彼女を施設に入れてはどうか、とも勧めたことがあるそうです。
が、ご両親はできませんでした。彼女の目の中に、なにか知性があると信じたそうです。
Wonderful part was, like chibilits mention in her blog, that her parents although their Carly diagnosed autism never ever give up her and carry on giving her therapy, reading her books.
Her therapists recommended them to take her to the group home because it was very difficult
but they could not do it. They saw some intelligence in her eyes.

彼女はその後、トレーニングを続け、今ではインターネットを通して外の人々とコミュニケーションをしているそうです。
彼女の書いた文章の中に、こんなのがありました。
「あなたには、私であるということがどういう気持ちになるか、わからないでしょう。じっと座っていられない時、私の足は火のように熱くなっていたり、あるいは何百匹ものアリが腕に這い上ってくる感じがするのです。」
その番組の中には、何度も腕をソファにぶつけたり、頭を叩いたりしている彼女の姿が映されています。彼女は、それが良くないと知りながら、止められないのです。そうでないと、熱かったり、腕いっぱいのアリに我慢できなくなるのです。
Now after her training she is communicating with other people through the internet.
She wrote...
'You don't know what it feels like to be me, when you can't sit still because your legs feel iike they are on fire, or it feels like a hundred ants are crawling up your arms'
In the program there was lots of scenes she is banging her arm to the sofa or hitting her own head.
She knows such behavior is not good but she cannot help it. If she stops it, she cannot cope with the feeling fire in her legs and full of ants on her arms.

もう一つ興味深かったのは、彼女の両親達の恐れでした。
彼らは何年も、彼女の目の前で、まるで彼女がいないかのように会話をしていたのです。
彼女は、父親にこう書いています。
「ダッド=パパ(?)、私に本を読んでくれるのが大好きです。私を信じてくれているから大好きです。私は世界で最も手のかからない子って訳じゃないのは知っているけど、パパはいつも私のためにそこにいて、私の手を握り、私を抱き上げてくれる。アイ・ラブ・ユー」
One more interesting thing for me is that her parents' fear.
They horrified when they noticed Carly's ability because for years they had spoken in front of her as if she was not there.
Carly wrote to her father.
'Dear dad, I love you when you read to me. And I love that you believe in me. I know I am not the easiest kid in the world. However you are always there for me, holding my hands and picking me up. I love you.'

私は今まで、どういう風に自閉症の子達と接してきたかなぁ...
I am wondering how I have behaved in front of autistic children...

そのABCの番組のYouTubeです。
This is the You Tube.

by pitakoaiko | 2009-08-17 20:04 | 特別 Special days
日曜日、夕食は庭で食べました。ロンドンの夏は、夜でも明るいのです。
We had dinner in the garden on Sunday evening. It is still light in the late evening in London.

c0178022_16381661.jpg

ハンバーグのマッシュルームソース添え、粉ふき芋、にんじん、ブロッコリー。
そして、ごはんとキムチ!
Hamburg steak with mushroom sauce, boiled potato, carrots, broccoli...
And rice with Kimchi = Korean spicy pickles!

半分イギリス人の主人、粉ふき芋がある上にご飯もよそう私に、ちょっとビックリ。
イギリス人は、ポテトがあるとパンとか食べないことが多いです。
でも日本人は、ご飯が無いとダメよね?
で、主人の日本人の部分は、キムチがあることだし、やっぱりご飯を食べて、喜んでいました。
My half English husband was a bit surprised when he saw me serving rice with potato.
If there is potato, the English tend not to eat bread, rice etc.
But we the Japanese need rice, don't we?
Anyway my husband's Japanese part enjoyed rice because of Kimchi.

先週の日曜日は、礼拝後、義父母がわざわざランチを持って来てくれたので、庭でいただきました。
The parents in law came with lunch after the service so we had it in the garden last Sunday.
c0178022_16522694.jpg


お庭でご飯、ホントに楽しいです。贅沢だなぁ。
Eating in the garden is great.

土曜のお昼は、韓国の冷麺を作りました。
We had Korean cold noodle for Saturday lunch.
c0178022_1704481.jpg


出かける直前だったから急いでいて、まだちょっと生温かった...
でも、久しぶりだから美味しかったぁ。
主人は卵付き。
It was just before we left home and I was in rush... so noodle was not cooled down enough...
But still it was good. We hadn't had it for ages so.
My husband had it with eggs.

ちょこっとづつの韓国の味、夏っていいなぁ。
Adding little bit of Korean taste is to me very summery.
by pitakoaiko | 2009-08-17 17:09 | 食 Food
...前回のブログから、あっという間に1週間経っていました。そんなに忙しくなかったのに...
A week passed from last blog! I wasn't so busy though...

さて、金曜日の晩は夫婦で、日本から3年振りでロンドンに戻ってきたN君とイタリアン・レストランにでかけました。
We had Italian dinner with my friend, N-kun, Friday night.
He returned to London from Japan for the first time in 3 years.

c0178022_16223438.jpg

これは前菜。
私はイイダコのブルスケッタ。N君はエビのカクテル、主人はホワイトベイトwhitebait=シラウオ?のフライ。
These are the starters.
I had baby octopus bruschetta. N-kun had prawn cocktail and my husband fried whitebait.

このレストランは、前に日本の教会の友達とよく来た所。
ピザが得意なお店で、石釜があります。
だから、私はメインに野菜のピザを食べました。美味しかったです。写真は無し、食べるのに忙しかったからね。
We used to come to this pizzeria often with friends from Japanese church.
It has a stone oven so I had vegetable pizza. It was good. No photo because I was busy eating.
  
c0178022_16474168.jpg

デザートは、ムースアイス。Nくんはタルト。そして乳製品がダメな主人にも、フルーツがあったぁ!
For dessert, I had iced mousse. N-kun had a tart. And for my husband, there was a non-dairy dessert, fruits!

N君は政治を勉強したいので、私がついていける限り、その辺の話をしました。
で、イギリスと日本の政治は似ている!ということになった。
島国だからかな?
N-kun wants to study politics so we talked a bit about it as long as I could follow.
Then we ended up with agreeing that the Britain and Japan are very similar.
Because both island country?

Nくんは、ヘンドンHendonの日本人墓地とブルックウッド墓地brookwood cemetaryでの記念礼拝に出席した帰りでした。8月15日は終戦記念日ですね。
N-kun met us after he attended memorial services, one in Japanese cemetray in Hendon and the other in Brookwood cemetary.
15th Aug is the national end of the war day in Japan.

とにかく、とーーーっても楽しい一時を過ごしました。
Nくん、短い滞在期間中なのに、時間を割いてくれて、ホントにどうもありがとう!
また10月に展覧会がある時、会えるといいなぁ。
We had very x3 nice time together.
Thank you, N-kun, that you gave us a precious time in your tight schedule!
I hope we can see him at my show in japan this coming October.
by pitakoaiko | 2009-08-15 18:03 | 外出 Outing