ロンドンでの日々の暮らしを、ご報告申し上げます。


by pitakoaiko
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

カテゴリ:外出 Outing( 54 )

先月から、何回かゲスト・スピーカーが続いた藤亀亭の教会。
ゲスト・スピーカーとは、普段お話し下さる牧師でなく、その日だけ特別にいらしてお話し下さる方のこと。海外にミッショナリー=伝道師として派遣されている人たちが、自国イギリスへ夏休みで帰って来られているのです。ちなみに、私達の教会の牧師も夏休みでした〜。
・・・夏休みと言えど、帰国する目的は、イギリスに残した家族に会ったりするだけでなく、大切な伝道の為の活動資金を調達すること。派遣された国でどんな活動をしているか、それによる成果が有るか無いか、何に祈りが必要か、そして伝道者としての悩みと証・・・

中には、25年間派遣された国を離れ、本帰国するミッショナリー家族がいました。
現地で学校を開く手伝いをしたそうだけれど、そこで生徒が病気で亡くなってしまったりして・・・
何かニュースがある度に、一応イギリスで礼拝する私達へ、祈りの課題として伝えられてきましたが、当事者によって改めて話されると、その大変さと、それでも至る所にある主のなさる御業(みわざ)に驚かされます。

その25年間のミッションを終えた夫婦は、必ずしも自分たちの希望通りには、全てが終わらなかったのだそうです。
果たして自分たちは、主の御声の通りに、その場所での仕事を成し終えたのだろうか・・・

でも、いよいよイギリスに戻るという日。
出発する飛行場で、なお苦悩していた彼らの目の前に、ビックリする位たくさんの見送りの人々が集まりました。
これぞ神の恵みであったか!
ゼロから初めて、25年の間に本当に多くの人々と助け合った、その結果が見える形で目の前にある・・・

道半ばな気持ちは相変わらず抱えつつ、しかも、今度は25年も離れていたイギリスで、新たなゼロからの出発。彼ら夫婦の子供は、イギリス人なのに、イギリスに住んだ事が一度も無い・・・また、年老いた自分たちの親の面倒もみなくてはならない。
でも、主にのみ寄り頼み、彼ら家族はまた新たな人生を、喜んで進んでいくのだそうです。

思えば、あのモーセは、主に在って海を2つに割る奇跡を起こし、常に主と共にいながら、結局、自分は約束の地についにたどり着くことはできませんでした。でも、この私がモーセのように、主にあのように近づく事ができて、またあのように主に話をできたとしたら、この世に在って約束の地カナーンに着くことは、それに比べれば大したことなかったかもなぁ。

別のミッショナリー家族は、17年目。でも、二人の息子さんが、一方はイギリスで高等教育を受けたくて、もう一方は、イギリスに戻っていたけれど派遣国へ帰りたくて・・・そして、なんと17年目にして初めて、今度は奥さんがその派遣国に住んでいるのが、我慢できないくらいイヤになってしまったとのこと。理由と言えば、奥さんのお母様がお年を召して世話する人が必要になってきたことくらい(って、それはそれで大変だと思いますけれど)で、その奥さんご自身、この期に及んで何故なのか、さっぱり分からない・・・お祈り下さい、と頼んでおられました。

そして最後は、様々な国で、クリスチャンゆえに弾圧を受けている人々を助ける仕事をしている方。
なんと、普段住んでいた所から、たまたまその日曜日は車で2時間の場所に出張伝道したら、その住んでいた所近くの教会がイスラム教徒に爆破されてしまったそうです。
でも、その過激派とは別のグループのイスラム教徒が、事態を重く見て、彼の所へ挨拶に。彼は、心配するクリスチャン達、また反対に怒りをあらわにする信徒たちに建物を囲まれた中で、その異教徒の人々と、お互いを尊重し合うという喜びや友情に、自分でもビックリしつつ感動したそうです。
その後色々あって、一緒に活動していた人は、強制退去命令が出たとか出ないとか。まだまだ油断のならない状況だそうです。

実は、彼は1年ほど前にも、話をしに私達の教会を尋ねてきていました。でも、その時は、お恥ずかしい話、(本当にお恥ずかしい・・・)お仕事のわりに軽そうな人だなぁ〜と思ってしまっておりました。申し訳ございません!
で、今回は、何だか一年前と違って白髪になっちゃったり、やつれておられたりして、最初は同じ方と気付かなかった私。
まだまだ色々と物騒なことが続く中、その只中に戻っていくので祈りのサポートを・・・とおっしゃる彼に、いや、本当に人のことを悪く思うことの罪を思い知らされました。ましてや、主の選ばれた教師やリーダーの方達に対して、何とも申し開きができません。本当に申し訳なかったです。私は、2度とこんな風に人をジャッジすることないようにしたい。

ミッショナリーの方々の話。なんだか、終わりは締まりのない私の反省文になってしまいました・・・が、私は、一信徒として、この方々の為に、できるだけのことをしたいです。
そして、私も違う立場だけれど、私に与えられた主からの仕事を、主に在って喜んで全うしたいと思っています。

最後に、ちょっと関係ないけれど、学校からもらってきたソラマメに水をやる娘。
c0178022_1483690.jpg

クリスチャン人生、種をまいた者が、必ずしもその実を刈り取るとは限らない。
でも、皆が目指すことは、ただひとつ!なのであります。
by pitakoaiko | 2015-07-20 05:00 | 外出 Outing
c0178022_18535669.jpg

これは、先々週のビレッジ・フェア Village fair(=村祭り?)に、アメリカの南北戦争時代の軍隊がやって来た所。この後、空砲ですが、バンバン鉄砲を撃ちまくったので、娘は早々に退散しました。
こういう昔の鉄砲とかが好きな人たちが、同好会のようなのを作って、今回のような時に発表しているみたいです。皆さん暑い中、うれしそうに軍服を着ています。
以前は、別の村のフェアで、鷹やフクロウ狩りのデモンストレーションがあって、それも面白かったです。その時のブログはこちら


こちらはクラシック・カーが飾られている所。
c0178022_18595484.jpg

別に販売しているわけではなくて、ただ、ご自慢の車たちを披露しているだけみたい。
c0178022_1902551.jpg

これは、かわいかったです。
c0178022_1914262.jpg

バブル・カーというらしい。他の車に比べれば、ホントにシャボン玉です。

ビレッジ・フェア、お天気に恵まれて、とても楽しかったです。
こういうフェアは、お天気によって大違い・・・
娘の学校もチャリティーで、空き瓶にお菓子を詰めた物を販売したけれど、あっという間に売り切れでした〜

最後に、巨大な滑り台を果敢にすべる娘。
c0178022_19562770.jpg

ちょっと前は、登るのも一苦労だったのに、月日の経つのは早いものです。
by pitakoaiko | 2015-07-15 05:17 | 外出 Outing
ヨークYorkから遊びに来ていた、主人の伯母を囲むご馳走です。
伯母は翌日に帰ったので、その日にあわせて、義父の誕生会も一緒にしました。
c0178022_14554821.jpg

ごちそうは、ポーク・ガモン Pork Gammon。
ベーコンの塊のような豚肉を、オーブンでロースト。
パイナップルとローストしたそうで、夏らしく見えます。
新ジャガも美味しい!

ポーク・ガモンは、ボクシング・デイ(クリスマスの翌日)のご馳走に食べたこともありました。
その時のブログはこちら
普段は、厚さ1cm位にスライスしてあるのを、チップスと一緒に食べる経済料理です。
藤亀亭でも、まだ娘が赤ちゃんだった頃は、大人だけで食べていました。
その時のブログはこちら
普通の肉より塩辛いので、娘は5歳になった今でも、まだちょっと苦手かな・・・

誕生ケーキは、義妹の作。
c0178022_15164257.jpg

何のケーキだか分かります?
c0178022_15171510.jpg

テニスボールのケーキです。

週末はテニスをする義父。
ちょうど、ウィンブルドンの男子決勝の日に、少し早めの誕生会でした。
by pitakoaiko | 2015-07-14 05:52 | 外出 Outing

土曜日の朝

主人はゆっくり寝ているので、娘と二人、近所の池のアヒルにエサをあげにいきました。
c0178022_17101939.jpg

パンをくわえると、一つづつ水草の向こうまで持って行って、そこで食べます。
c0178022_179113.jpg


主人は朝ごはんも別々。デザートは、私の大好きなパブロバ〜
c0178022_17224644.jpg

ちょっと引いて撮ってみました。
c0178022_17254874.jpg

娘の視線の先の方には・・・
c0178022_17272980.jpg

巨大なアスパラガス!?
お友達に名前を教えてもらった、ユッカ蘭という花です。
前に咲いた時のブログはこちら
今年はふたつも咲くみたい。
楽しみ〜。
by pitakoaiko | 2015-07-11 08:56 | 外出 Outing

子供図書館で夏祭り

娘は月に一度、日本語の子供図書館に通っています。先週は、そこで夏祭りがありました。
c0178022_0584898.jpg

これは、皆でヨーヨー釣りをしているところ。
他にも、お話タイムあり、盆踊りあり、そしてなんと流しそうめんあり!と盛りだくさんでした。
が、写真は一枚だけ。

なので、また食事のお話〜。
子供図書館は学校が終わったら、そのまま直接行って、帰ってくるのが、目標にしている夕食時間18:00の30分前を切ってしまいます。
なので、この日の夕食は、前以て準備をしておくと大変よろしい。
c0178022_144876.jpg

この日は、前日にたくさん揚げ物をしたので、その残り物で天丼。
c0178022_194451.jpg

大きなフライパンで一度に作って、勝手によそってもらいます。
名付けて「勝手によそっ天丼」
・・・あ、エビの天ぷらは入っていないけど。

また残ったので、次の日の主人と私のお昼ごはんもこれでした〜。
by pitakoaiko | 2015-06-15 05:06 | 外出 Outing
日曜日は、義父母の教会で年に一度のストリート・フェアがまたあるというので、藤亀亭そろって出かけました。
c0178022_8174074.jpg

ブタの丸焼きロースト Hog Roastのバーガー!
子ブタでなくて大ブタ。豪快です。

これは、義妹のケーキ屋さん。
c0178022_8193873.jpg

大きなチョコレートケーキは、有料くじ引き Raffleの景品。
収益金は、教会の地元をサポートする寄付になります。

こちらは、ジュース・スタンド。
最も古くからあるというサルサパリア・ジュースというのをいただきました。
スヌーピーの好物のルートビアやドクターペッパーは、このサルサパリアを使用しているらしい。
c0178022_8263372.jpg

写真、よく見たら肝心のサルサパリアが売り切れ〜。
c0178022_8301658.jpg

この茶色い麦茶みたいなのがサルサパリアです。
c0178022_832390.jpg


今回のストリート・フェアには、子供の為のアトラクションとしてロデオのマシンがあったり、農場の動物たち、ヤギとかウサギとかがいて、他にフェイス・ペインティングなどもありました。
・・・が、写真は無し。
おかげさまで、娘は充実した半日を過ごしました。

以前の義父母の教会のストリート・フェアはこちらです。
義妹のケーキ・スタンドが発達しておりまして、めでたし、めでたしです。
by pitakoaiko | 2015-06-08 05:08 | 外出 Outing

5月のハーフターム

母が日本へ戻った後、娘の学校はハーフターム Half Term=学期Termの真ん中というお休み)に突入。
今回こそ、ヨークYorkの主人の伯母の所へと思ったのに、またまた予定が立たず。
でも、学校のお友達や日本語移動図書館のお友達に遊んでもらうことができました。
c0178022_14514441.jpg

これは、藤亀亭からそれほど遠くない、時々行く子供農場のハーフターム企画。
ブタの障害物競走であります。
c0178022_14534775.jpg

係の人の説明によると、なんでもブタは4番目に頭の良い動物なんだそうです。
一番目は人間。二番目はイルカやクジラ。三番目はサルの仲間。そして四番目がブタですと。
・・・そういう大きな区切りでいくと、たしかに四番目になるのもおかしくないような。犬とかって何番目になるかしら。

これは、娘が大好きな、小動物・ひよこやウサギをだっこできる所。
c0178022_15295054.jpg

ひよこは娘のヒザの上で眠ってしまいました。
これ、2度目。
前回・去年の秋だったかに来た時も、主人と一緒に抱いていて、この通り。
ひよこは、いつの間にかグッスリ。
c0178022_15491546.jpg

かわいい。

今日は、義妹家族を呼んでお好み焼き。外で食べようと思ったら、なんだか寒くなってきて、急遽コンサバトリーにて。こんな写真しかありませんが、お好み焼きって気楽に食べられて楽しいですね。
c0178022_15544397.jpg


というわけで一週間、娘が退屈しないように、色々企画を立てまして・・・普段、頑張っていなかったお母さんは燃え尽きました。

明日は安息日の日曜日。
教会へ行って、ゆーっくり安息しまーす。
by pitakoaiko | 2015-05-30 22:44 | 外出 Outing

近所の公園へ

昨日のバンクホリデー=公休日は、主人が仕事だったので、義妹家族に来てもらって近所で遊びました。
c0178022_1821518.jpg

時々行く隣町の公園。
藤亀亭の周りでは、一番大きいんじゃないかしら。

義弟がブンブンと気前良く動かしてくれた、回転ジャングルジム。
上の方に張り切って乗っていた娘、しばらくして、止めてくれるように頼みました。
c0178022_1815240.jpg

写真は、それを聞いた2才の甥っ子が「ぼくが助ける!」と頑張ってくれているところ。
2才でも男の子って、女の子を助けたいらしい。
でも、何しろ足元がやわらかいし、だいたい手足が短いので、かけ声ばかりでずっとこの状態・・・。

しまいに、飽きちゃった娘が飛び降りて、甥っ子の「従姉妹の救出作戦」は未完に終わりました。

その後、午前中の仕事を終えた主人や、義父母が合流して、楽しく近所のパブ・レストランでランチ。
c0178022_18581547.jpg

良いお天気に恵まれ、楽しい週末でした。
by pitakoaiko | 2015-05-05 05:59 | 外出 Outing
今日は、娘の仲良しのお誕生会。
8回目くらいの「Frozen アナと雪の女王」パーティーです。
c0178022_13571813.jpg

お友達、椅子の上に立って「Let it go」を熱唱しております。

・・・そういえば娘の時には、ケーキの時くらいしか「あなたが主役!」な場面って用意しませんでした。こういうところは日本人だったな。
他の子達のは、この独唱にしても、エンターテイナーが来ることが多いからか、皆を代表して手品を手伝ったり、真ん中に座ってスポットライトを浴びたり・・・たぶん、こちらの誕生パーティーは、その為にあるんだろうなぁ。
「私が主役!」という体験を、早いうちからしておくのって良いですね。

さてその娘。今回は、フェイス・ペインティングしてもらいました。
c0178022_143840.jpg

いっつも蝶々。
で、パーティーの後、蝶々の顔のまま主人と自転車乗りに出かけて行った娘でありました。写真は特に無し。

そういえば最後に、藤亀亭の八重桜。ただ今満開でございます!
c0178022_145637.jpg

・・・手入れの仕方が分からないので、モコモコしております。これで良いのかしら?ちょっと不安。

イギリスは、月曜日が Early May Bank Holiday(=5月初期の公休日?)でお休み。
ちなみに、今月は後半にもSpring Bank Holiday(=春の公休日)というのがあります。
日本はゴールデンウィークの真っ最中ですね。

皆さま、良い週末をお過ごし下さい!
by pitakoaiko | 2015-05-02 21:53 | 外出 Outing

義母の誕生会

ブログが前後したし間があいてますが、月曜の夕方は義母の誕生パーティーに出かけました。
気軽な、義父母の家近くのフィッシュ・アンド・チップス!
でも、テイクアウェイだけでなく、おしゃれなレストラン部分があるところです。
c0178022_17513590.jpg

乳製品がダメな主人とその妹。
お店の揚げ衣には必ず乳製品が使われていので食べられないのですが、ここには、グリルした魚もあって、なかなか美味しかったようです。
フィッシュ・アンド・チップスって、美味しい魚や世界に誇れる天ぷらを食べ慣れている日本人には、別に〜かもしれませんが、チップスは美味しいね!
私のお皿の手前にある緑色は、マッシー・ピーズ Mushy Peasです。
グリーンピースをマッシュした物。食紅が使われていることが多いそうですが、私は大好き。
ちなみに、娘はお子様用フライドチキンを食べていました。・・・お母さんとしては、せっかくだったので美味しい魚を食べて欲しかったんですけど。ま、珍しく完食したので、良かった良かった。

美味しく楽しく食事をした後は、やはり近所の、そして引っ越したばかりの義妹の家に呼ばれて、そこでケーキをいただきました。
c0178022_18122130.jpg

ちょっと写真のタイミングを外してしまったら、2才の甥っ子が、一度はずしたローソクを、戻していました。よく見れば、燃えさしの方がケーキの中・・・ま、気にしない、気にしない。

ケーキ職人として、注文が着々と増えてきている義妹。
2才の甥っ子の面倒もみつつ、忙しい中で作ったケーキだったそうですが、おしゃれ。
そして、とても美味しかったです。

ごちそうさまでした〜
by pitakoaiko | 2015-04-30 21:46 | 外出 Outing