ロンドンでの日々の暮らしを、ご報告申し上げます。


by pitakoaiko
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

カテゴリ:旅 Holidays( 28 )

予定外なことに、日本に滞在していました、3ヶ月も!
で、結局色々あったからお友達とかに会えたわけでもなく・・・
いやはや詳しくは書けませんが、人生、何が起こるか分かりません!

しかし、おかげ様で無事にイギリスに戻り、娘も学校をターム半分休んだだけで、ハーフターム休み明けに学校に戻ることができました。
c0178022_17322127.jpg

写真は、機内でキティーちゃん懐中電灯で遊ぶ娘。
暗くなっても、もう5歳児は簡単には眠れない・・・

色々あって、ブログもお休みしてしまいました。
でも、これからクリスマスに向けて、暮らしを立て直すぞ!と、ちょっと抽象的ではありますが、やる気満々の今日この頃の藤亀亭。
がんばるぞ〜!でした。
by pitakoaiko | 2015-11-11 17:38 | 旅 Holidays

日本に帰っていました3

イギリスは春たけなわ。
日本から帰ってもう2週間ですが、ブログをサボっていると、ドンドン書きたいことがたまってしまいますね・・・日本の記事の前に、写真をひとつ。

娘は、お友達の家の庭で、ブランコにのせてもらいました。
c0178022_1244412.jpg

すごいでしょ?
あまりすごいので、落ちないようにベルトをして乗ります。
・・・写真、今気がついたけど、ガラス越しに撮ったので木のあたりに私の手の反射が写ってます。

さて、日本の記録はこれで最後。まとめてササッといきます。
リカちゃんキャッスルの他に、もう一つ行ったところは・・・
c0178022_1258124.jpg

東京ディズニーランド。
天気予報は大雨だよ、それでも混んでるよ・・・と言われつつ、その日しか行けなかったので決行。
なんと雨どころか、朝方は雪が降ったとのことで、さすがにいつもより空いていました。
春休みが終わったすぐ後というのも良かったらしい。
雨の中、トゥーンタウンの子供も乗れるジェットコースターに3回も乗っちゃった私たち。
一度は、娘と私だけの貸し切り状態でしたぁ。
というわけで、この前混んでいて入れなかったところは、全部回ることができて大満足の娘。
レインコートを着て、イースターパレードするミニーマウスに手を振っています。
c0178022_1324166.jpg

ところで娘の指には、ちょっと大き過ぎる指輪・・・
でも「落としちゃうかもよ」というお母さんの声にもめげず、帰るまで失くさずにつけていました。

さて、イースターパレードを見た後、日本にいてイースターを迎えた私達。
なんと、主人は今回イギリスでお留守番だったので、家族離ればなれの復活祭でした。
で、私の日本の母教会にて配られたイースター・エッグ。
c0178022_1424283.jpg

娘があんまり「食べたい、食べたい」というので、たしか茹で卵は好きじゃなかったのになぁ、と思いつつ渡しておいて、ふと見れば・・・
c0178022_1426268.jpg

一口かじって、そのまま。
どうも、中にチョコレートが入っていると思ったらしい・・・

というわけで、今回の日本の日々のご報告はおしまいです。
お疲れさまでした〜。
by pitakoaiko | 2015-04-24 21:35 | 旅 Holidays
今回の日本滞在中、実家の父母が揃って留守にする時があったので、では、と福島の郡山への旅行を計画しました。
なぜ、郡山?
それは、リカちゃんキャッスルへ行く為でしたぁ。
c0178022_5583987.jpg

矢印の先っぽに、お城の屋根が見えるでしょ?

そう、それは、郡山から鈍行の電車で1時間の、こんなのんびりした郊外の町中に、突然あるのでした。
ジャジャーン!
c0178022_6199.jpg

c0178022_653672.jpg

そして、こんな可愛らしいドアマットを踏み踏み入ると、すぐに巨大なリカちゃんロボットがいて、挨拶してくれたんだけど、なんだか恥ずかしくて写真は撮れませんでした・・・ハハハ。

まずは、歴代のリカちゃんが並ぶミュージアムを見学。
これは、私が買ってもらったリカちゃん。2代目なのだそうです。
c0178022_6111553.jpg

磁石の着いた靴を履いていて、色々なところに立てました。
・・・今は、こんな小さな磁石では、万が一飲み込んでしまうと大変!とかで、販売できないかもしれませんね。

こちらは、たしか妹の買ってもらっていたリカちゃん。3代目、直毛!
c0178022_6175659.jpg

初代のリカちゃんは、一回り小さかったそうです。
キャッスルに復刻版が売っていて、とっても素敵でしたが、サイズが小さいので、買うなら全て専用のお洋服になるようです。

これは、初代リカちゃんトリオのお家。
c0178022_6191761.jpg

えーと、この頃のリカちゃんのボーイフレンドは、わたる君。
ちなみに今のボーイフレンドは、かける君。
そしてWikipediaによれば、リカちゃんは後にフランツ君と結婚するそうです・・・
リカちゃんの人生にも色々あるんだね。

他に、100万円のリカちゃんっていうのも飾ってあった。
c0178022_6201912.jpg

でも、ダイアモンドだけで金額がアップしてしまったらしいです。
そういえば、バービーにも高価なダイヤモンドをつけたのが居たなぁ。

私としては、せっかく日本なのだし、ここは型から小さく作った江戸小紋の着物に、やっぱり織り機から小さく作った綴れの帯で1,000万円!みたいなのが良かったな。・・・なんてうっとり(!)考えている内に、藤亀亭の現役リカちゃん世代が飽きてきました。
そこでお母さんは、後ろ髪を引かれつつ、次の場所へ。

リカちゃんを作っている工場です。実際に、この工場では今もリカちゃんが製造されています。
こうして上の方から、廊下の窓越しに見学できます。
c0178022_629264.jpg

これまた面白そう・・・だったけれど、5歳児にはこちらも少しまだ早かったみたい。
ちなみにリカちゃんの顔は、最後に塗料の入った注射器で、目の中に白い星を入れて完成だそうです。
工場、お母さんにはとっても勉強になりました。

さて、ついに娘の待ちに待ったリカちゃんのお部屋に到着。
リカちゃんはあいにく、いっつもお出かけ中なんだけど、そこには、かの有名なリカちゃん電話がありました!

皆さま、リカちゃんは、いつもこの電話でお話ししてくれるんですよっ!
c0178022_637133.jpg


散々リカちゃんのお部屋で楽しんだ娘。
次は「お人形教室」に向かいました。
教室というから、お母さんはリカちゃん人形を作るのかと思ってしまいましたが、それは間違いでした。
自分で好きな髪の色のリカちゃんを選び、洋服やアクセサリーを自分でコーディネイトする、そしてリカちゃんは有料。そういうお教室でした。いや、よく考えたら、5歳児にリカちゃんを作るのは無理よね・・・
c0178022_7194639.jpg

迷わず黒髪直毛のリカちゃんを選んだ娘。リカちゃんは日本人だからだそうです。
・・・では、ピンクや紫の髪のリカちゃんはどこの国の人???
というようなことは置いておいて、さてこれは、娘の3番目のリカちゃんになりましたとさ・・・

郡山までの往復は、東北新幹線に乗りました。
c0178022_8212238.jpg

左がつばさ、右がやまびこ。東京駅から福島駅までは、このように連結して走りまーす。

というわけで、リカちゃんキャッスル。
皆さま、機会がありましたら、ぜひどうぞお立ち寄り下さいませ〜!
by pitakoaiko | 2015-04-18 06:04 | 旅 Holidays

日本に帰っていました。

イチゴの記事から、あっという間に3週間・・・
その間、10日間ほど日本に帰っていました。

見よ、この豊かな日本の食卓!
c0178022_184281.jpg

って、買って来た焼き鳥に納豆、蒸したり茹でたりした野菜や、ぬか漬けのカブやらですが・・・
そして、小さな誰かさんは、味見と称してつくねをパクパク食べている。

皆さまには当たり前?でも、この野菜がひとつひとつ美味しい!!!
娘の大好きなサツマイモもカボチャも、ほっくほく。
私的なメインは、長なすの味噌炒め。長なす、ホントに長かったけど、写真撮るの忘れたぁ・・・

桜も見れた!
c0178022_1874622.jpg

これは、四谷のお堀端の桜。ここのは初めて。美しかったー。
なんて、車の中からササッと見ただけで、こんな写真だけですが・・・
今年の桜は、お天気の関係か例年よりピンクが濃かったそうですね。

それにしても東京は暑かったです。
何しろ、イギリスは10度を切る涼しさ(!?)
少し薄手のコートを着込んで成田に降りてみれば、予報の13度をはるかに上回る22度!
それは、イギリス暮らしには真夏のような暑さだったのでした・・・

今回も、あんまり人に会えませんでした。
そんな中、直前の連絡なのに、高校時代から仲良しのSピとMチには忙しいのに、なんとか会ってもらえて、それは私にとっては快挙!
それから、大学時代の仲良しからは、妹を通して電話をもらえた〜。
やっぱり、お友達って嬉しいですね。
夏にはゆっくり帰るので、もっと早くから連絡を取って、みーんなに無理せず(!)会っていただきたいと思います。って、夏は、皆も旅行に行っちゃうよね・・・

今回は、短い滞在の中、一泊旅行もしたので、次のブログに書こうと思います。お楽しみに〜。
by pitakoaiko | 2015-04-17 18:59 | 旅 Holidays
ヨークへの旅行での食べ物は、家の残り物弁当からスタート。
c0178022_6344731.jpg

高速道路のサービスエリアでピクニック。節約、節約!

主人の伯母を見舞った後は、一人でお留守番の伯父が近所のカーバリー Curvery (=ロースト・ディナーを食べさせてくれるレストランのこと)でごちそうしてくれました。
c0178022_6363826.jpg

よく考えたら、本場(!)のヨークシャー・プディング。
(写真左上の茶色いシュークリームのようなもの)

そして、もう一つ、ヨークシャーらしいもの。
c0178022_642015.jpg

ヨークやハロゲイトの町にある、ベティーズ Bettysという喫茶店のケーキ。
なんでも、昔からある有名な高級喫茶店なのだそうです。
伯母のお見舞いにも、ここのマカロンにしたところ、「美味しい!ベティーズなんですものね、間違いはありません!」と喜ばれました。

ホントは奮発して、そこで昼食でも・・・と思ったけれど、乳製品を使用していない物は無いとのことで、持ち帰り用のお菓子を買うだけにしました。グルテンを使用していないお菓子があるとは聞いていたので、ちょっと残念。
主人は娘と私だけでも何か食べたら・・・と言ってくれたけど、行列はしているし、こんなオシャレな所で3歳児と、何も食べれない主人といるのもね〜。また機会があることでしょう。

で、B&B宿に戻って食べてみると、このカリフラワーのケーキが、なんと美味しいこと!
・・・なんて、私がイギリスのマジパン菓子に慣れたってこともあるかもしれないけど。
c0178022_6515379.jpg

ところで、私はこれをてっきりキャベツだと思って、混雑する中、店員さんに向かって「キャベツを2つください!」と大声で頼みました。後で、主人から「それ、カリフラワーじゃないかと思うんだけど・・・」と言われて、あ〜確かにそうかも、と大笑い。ちなみに、カリフラワーの味はしませんでした。

最後の晩は、ちょっと大きめのB&B、というかホテルで、遅い時間にイタリアン。
c0178022_6585024.jpg

なぜ遅かったかというと、このホテルにはプールがついていて、家族揃って時間ギリギリまで泳いでいたのでした。
じつは娘、これが初めてのプール。
というわけで、娘のヨークシャーでの一番の思い出は、プールで泳いだこと!になりましたぁ。
by pitakoaiko | 2013-09-12 22:31 | 旅 Holidays

遅めの夏休み

c0178022_7551376.jpg

藤亀亭は、人より一歩遅く、9月の最初の週まで夏休みでした。
それで、最後に主人の前に住んでいた所へ行ってきました。
ネーズバラとか言う所・・・私、自信を持って発音できません。
スペルは'Knaresborough'と書く・・・発音しない「K」がついていたりで、訳分かりません。
ヨークシャーにある小さな観光の町です。

c0178022_7563673.jpg

ただのホリデイというわけではなく、主人の伯母が手術をしたので、そのお見舞いが目的でした。
もう学校が始まっている週だったせいか、直前の予約でも空いている所があって、のんびり3泊4日の旅になりました。
伯母さんも、脳の大手術だったのに、経過が順調で何より。
一昨年、義母の2番目の兄、つまり主人にとっての伯父が癌で亡くなって、生前、娘を見せにいくことができず、ガッカリした私達。もう、そういう思いはしたくないので、手術や入院と聞いて、即重い腰を上げた藤亀亭でした。

写真の正面の橋は、今は鉄道が通っていますが、その昔は水を流す為のものだったそうです。
それも飲み水ではなく、当時最重要だった船を通す為の橋だったらしいです。

夕食は、川沿いにあった中華のお店。
c0178022_813977.jpg

主人が10年ほど前に住んでいた時から在った店だそうで、なかなか美味しかったです。

で、のんびりし過ぎて、暗い中をB&Bまで帰りました。
その途中、娘が突然「新幹線みたい!」と大喜び。
c0178022_8182976.jpg

石のガードレールの端が、言われてみれば最近の新幹線にそっくり・・・に見えますか?

その娘の旅のお供は、クマちゃんと猫のホブスでした。
c0178022_822385.jpg

今日はここまで。旅の続きを、また次のブログに〜と思っております。乞うご期待。って、大したことはしていないけどね。
by pitakoaiko | 2013-09-10 23:49 | 旅 Holidays
今回は9日間の滞在でした。
藤亀亭にしては短い。
しかも、こんなのをついて、びっこ引き引きでした・・・
c0178022_22404749.jpg

わかりますか?杖2本です。
娘のスポーツデイという運動会みたいなので、怪我したのでした・・・親の私が。
今回ほど年を感じたことはありません、今のところ。

でも9日間の間に、母に助けてもらいつつ、娘を動物園にだけは連れて行けました。
写真はパンダでもゾウでもなく、ハツカネズミ。
(ちなみに後ろに写っているのは、全く関係ない方。楽しそうで何より)
c0178022_2245447.jpg

それから、娘は「動物園で何を見たの?」と聞かれるたびに、
「カラス!」
と答えておりました。でも、とっても楽しかったようで、めでたしめでたし。

何しろ足が悪いし、さすがの蒸し暑さなので、結局外食はあまりしませんでした。
そんな中「じゃ、何か頼もうよ」と家族が言ってくれたので、遠慮なくピザのデリバリーをリクエスト。ま、ピザのデリバリーなんて、こちらにもありますが、主人が乳製品をとれないので、気がつけば5年ぶりでしたぁ。
c0178022_23101824.jpg

ちなみに、これは何と石釜で焼いているのだそうです!こんなの、他の国にあるかしらん。
大変においしかったです。

で、今回は3歳を過ぎた娘にお寿司デビューを、なんて思いつつ、気がつけばもう帰る前日。
しかも近所のお寿司屋さんがお休み!でしたが、妹がお寿司のデリバリーを頼んでくれました。
c0178022_23295996.jpg

今は、こんなお手軽なお寿司のデリバリーがあるんだねぇ。
え〜、それで娘は、おやつを食べ過ぎたせいか、穴子を少し食べただけでした・・・
ま、でもそれだって立派なお寿司!

というわけで、またまた誰にも会えず、でも用事だけはすました、忙しい日本でした。
夏に会おうねぇ、と言っていた皆さま、すみませんでした。

報告おしまい。
by pitakoaiko | 2013-07-28 14:39 | 旅 Holidays
c0178022_5395831.jpg

c0178022_5422584.jpg

ホリデー中に訪れたアガサ・クリスティの家には、グリーンハウスがいくつかありました。
今回のホリデー中、海の写真は無いけれど、グリーンハウスの写真はたくさん!
c0178022_5443879.jpg

c0178022_5454139.jpg

縦の写真は、ピーチハウス。桃の実はまだでしたけど。

アガサ・クリスティはこのホリディハウスで、考古学者のご主人と二人、いろいろな植物を集めたそうです。そして、ご主人がその記録を綿密にとっておいたそうです。
アガサ・クリスティは食いしん坊そうだから、野菜や果物もさぞかしたくさんだったろうなぁ。

ところで、彼女のご主人は(二度目のご主人なんだけど・・・)12歳年下でした。
どこかで聞いたことありません?
藤亀亭、私と主人の歳の差も12です。

c0178022_551391.jpg

さて最後の写真は、1週間留守をした私のささやかなベランダ菜園・・・ペショ。
植木鉢が2つほど倒れていました。
下の家に落ちなくって良かった・・・
これから出かける時は、考えないといけません。

というわけで、ホリデーの話はこの辺でおしまいです。
パソコンの調子は良くなったそうだから、これからたくさんアップしようと思っています。
が、こう書いて結局・・・ということがあるから、どうなるでしょう?
by pitakoaiko | 2011-07-18 23:34 | 旅 Holidays

ホリディの報告の続き

c0178022_2005437.jpg

これは、私達が借りたホリディハウスの庭に咲くボトルブラシ・プラントBottlebrushPlant
後ろにうっすらと写っているのは、お隣の茅葺き屋根の家。
茅葺き屋根の角には、やはり茅葺きのクジャクの飾りがついていたけど、残念うまく撮れませんでした・・・実は、ホリディに出発する前日にカメラを無くしたのでした。
結局、家に帰ってきたら、パソコンの机の下に落ちていました。
無くさないで良かったぁ。

今回のホリディ中に義妹の誕生日がありました。
c0178022_474991.jpg

義母の力作・苺チョコレートケーキ!
・・・私の選んだロウソクがケーキの上にたれてしまった。
ケーキの台は、私達夫婦からのプレゼントでした〜

それから、義姉夫婦、義妹夫婦、そして我が家と3軒持ち回りで夕食を準備。
料理上手な義姉夫婦は、タジン料理。
義妹夫婦は、バーベキューでハンバーグ。
そして藤亀亭からは、豚のしょうが焼きと、パックの豆腐でけんちん汁。
でも、写真は義姉夫婦のタジンだけ〜
c0178022_5561352.jpg

とっても美味しかったです!

他には、忙しい時に食べたフィッシュ&チップスの写真が撮ってあった〜。
c0178022_5583013.jpg

私の大好きな、マッシー・ピーmushy peas(=緑豆のマッシュ)がのっています。

次のホリディには、ぜひともカメラを忘れずに出かけたいものです。
by pitakoaiko | 2011-07-17 06:04 | 旅 Holidays

戻っておりま〜す!

ただいま〜と書き出したブログが、コンピューター不調のせいで消えてしまったので、しばらくガッカリする内に、あっという間に1週間が過ぎてしまいました。
c0178022_6364897.jpg

写真は、ミステリーの女王アガサ・クリスティのホリディハウス、グリーンウェイGreenwayです。今回、私が一番楽しみにしていた所です。

ホリディハウスだからなのか、ここで小説は書かれなかったそうですが、いくつかの作品の舞台にはなっているそうです。
当日まで行けるかどうかわからなかったので、ハウス内の駐車場の予約はできませんでしたが、町にある公共駐車場から、こんなバスのお迎えがありました。
c0178022_6402281.jpg

バス代は往復で6ポンド。無料じゃありません。おまけにちょっと高いと思ったけれど、乳母車を持ってハウスまでの坂道を登る勇気はなく、でも、それなりに楽しんで乗りました。

着いたら、早速お昼ご飯。
グリーンウェイGreenwayのキッチンがレストランになっていて、赤ちゃん連れでも良いとのことなので、そこで食事しました。なにしろキッチンは絶対に見たかったのでした。
c0178022_6565949.jpg

紺色のテカテカ光っているのはアーガAGA。オーブン付きレンジ台ですが、このオーブンもレンジ台も四六時中熱くなっているという代物。上で鍋などかけていると下のオーブンの熱が下がってしまったり、正確さを要する料理にはあまり向かないようですが、なんか私は好きだなぁ〜

それからハウス内を見学しましたが、写真は不可でした〜
とりあえずは、ここまでご報告。
続きはまたにします。
・・・といっても、そんなに写真は撮らなかったけど。

パソコン、早く調子が戻ると良いなぁ。
by pitakoaiko | 2011-07-16 12:48 | 旅 Holidays