ロンドンでの日々の暮らしを、ご報告申し上げます。


by pitakoaiko
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

カテゴリ:特別 Special days( 119 )

3月11日。
こちらイギリスのBBC放送のラジオでも、14:46の黙祷のことをニュースで話していました。
また、亡くなった方や行方不明者の数も報告していて、改めて、大きな災害だったことを思わされました。

その震災の3日前まで、一家そろって東京にいた藤亀亭。
主人が、ニュースを見た親方から聞いたと、慌てて連絡してきて、うちにはテレビが無いし、とにかく東京の家族に電話してみました。
今になってみれば、地震のことがイギリスでニュースになって、それから私の耳に入るまで結構時間が経ったと思うけれど、両親と妹たちとは、その時点で未だお互いに連絡が取れておらず。一方でなぜかイギリスからの電話は繋がって、結果、私の電話からそれぞれの安否を確認したことになりました。

そんな藤亀亭。
今年も、夕食は昨年同様キャンドル・サパーです。
昨年のキャンドル・サパーはこちら
c0178022_16121236.jpg

おにぎりと缶詰を使ったお鍋。
原発事故のことを思い、電気を極力使わずに調理しました。
娘に、電気の大切さと地震の時には電気が使えなくなることがあるということを教えたかったのでした。

が、食卓の話題はどうしても震災のことになってしまって、もうすぐ6歳の娘、怖くなってしまったのか、「電気をつけて」と泣き出してしまいましたとさ。
それで主人が部屋の電気をつけると、明る~い!
電気って、本当にありがたいです。

缶詰料理、使おうと思っていた魚の缶詰をどうも食べてしまったらしく、仕方なくその横にあったコンビーフを使ったところ、主人には大ヒット。
とっても美味しい、ハッピーなキャンドル・サパーになりましたぁ。
by pitakoaiko | 2016-03-11 22:51 | 特別 Special days
今年は何だか色々予定通りにいかないまま、クリスマスが終わりそうです。
写真はもっとあったけれど、手元に無く...

まずは、お世話になった方へのお礼のビスケット・ハウス。
c0178022_1241775.jpg

クリスマスというイエス様のお誕生があったゆえに、今、私たちの上には、あの3人の博士を導いた星が輝いている!と言って過言では無いでございます。
...という訳で、煙突の上に星。
c0178022_124397.jpg

これは娘が初めて用意したクリスマスプレゼント。
準備期間に余裕が無く、数が少な過ぎ...
c0178022_125667.jpg

プディングPuddingは無理でしたが、クリスマス・ケーキは作りました。
c0178022_1252875.jpg

イギリスのケーキなので、ドライフルーツがたっぷり!
c0178022_1254559.jpg

これは日本のクリスマスケーキ。
こちらは母がわざわざ少し離れた所まで行って買ってくれた、昭和なケーキ。
生クリームと缶詰めフルーツがたっぷり!
c0178022_1261770.jpg

...そう、藤亀亭始まって以来、初のクリスマス・イン・東京でございます。
c0178022_23231741.jpg

イブの晩に、母教会でキャンドル・サービス。
何年かぶりで参加できて嬉しかったー。

イエス様、お誕生日おめでとうございました!
by pitakoaiko | 2015-12-26 22:54 | 特別 Special days

最初の学年、終了〜!

娘の学校の夏の学期が終わって、これで一年目も終了になりました。
あっという間でした〜。

これは、娘が先生方と、仲良しだった卒業生に書いたカードです。
c0178022_1724588.jpg

娘の学年・レセプションReceptionクラスには、なんと先生が4人!
メインの先生が週の半分づつで二人。そして、それを補助する先生が、これまた二人。
どの先生も素晴らしくて、娘たちは、本当に良い学生生活のスタートを切ることができました。

次の学年の先生にもお目にかかる日がありましたが、そちらもとっても良い先生。
本当に感謝です。

これは、娘の今年度最後のお弁当。
c0178022_731145.jpg

娘は週に一度、仲良しと一緒にお弁当を持って行っていました。

それから、藤亀亭お母さんとしては、この一年で一番頑張ったお弁当がこちら。
c0178022_7323883.jpg

娘の遠足の時のお弁当です。マフィンは、金時豆入り〜。
でも、色々入れ過ぎたのか、全部食べる時間が無かったらしい。ペンギンが一人、ポツリと帰ってきました・・・しかも、先生からも「頑張ったけど、食べきれなかったの」とのご報告。
でも、足りないよりは多過ぎな方が良いのでは・・・?と、思うのでありますが、皆さまはいかがでしょ?

お弁当、週一度くらいなら楽しいです。ただ、週に一度のせいか、しょっちゅうお弁当箱を持って帰るのを忘れた娘・・・
来年度の、イヤー1 Year 1という学年では、そのあたり、しっかりしていただきたいものです。

イギリスの保護者の方々、一年間お疲れさまでしたぁ。
by pitakoaiko | 2015-07-17 21:15 | 特別 Special days
娘のお友達のご家族を家に招いて、お好み焼き。
でも、その写真は無くて、これは皆が帰った後です・・・
c0178022_15374448.jpg

お友達のお父さんが、カジュアルでとっても飲みやすいワインを持って来てくれました。

お好み焼き・・・
撮った写真は、こんなのだけ。
c0178022_15414391.jpg

お好み焼きの種(と言う?)を作ってもらっているところ〜。

え〜、お招きしておきながら、お好み焼きも、そして焼きそばも、ほとんどお客様に作っていただいてしまった藤亀亭主婦です。
前に、私が作ったお好み焼きとは大違い。
野菜たっぷりで、味もあって美味しかったです!

お母さん達が楽しく料理の準備をしていた間、お父さんと子供達は庭で撮影大会。
c0178022_15472852.jpg

・・・と、ゴチャゴチャの庭をお見せしちゃっておりますが、その奥にいるお父さん達をご覧になれますか?
c0178022_15493583.jpg


藤亀亭、家の中も外も春の大掃除が必要です。
反省しながら、このブログを書いている主婦でした。
by pitakoaiko | 2015-05-04 06:35 | 特別 Special days

イースター 2015

今年のイースターは、4月5日でした。
イースター・復活祭は、キリスト教徒には一番盛大なお祝いの日じゃないかしら?
クリスマスの方が有名ですけれど。
そして、私自身に大事なのはペンテコステ=聖霊降臨祭で、今年は5月24日。聖霊が下ったのを記念する日で、何より私が受洗した日なのでございましたぁ。
c0178022_1841614.jpg

写真は、義父母からもらったイースターのチョコレート・エッグ。娘は、これを想像して茹で卵をむきました・・・その時のブログはこちら

イギリスでは、受難日(=イエス・キリストが十字架にかかった日)は、Good Fridayと呼ばれていて、公休日。
また、イースター・サンデーの翌日はイースター・マンデーで、やはりお休みです。
だけど考えようによっては、日本のクリスチャンにとっては、クリスマスはウィークデイになることが多い一方、イースターは日曜日なのでうれしいかもね。

ちなみに、クリスマスの日付は後世の創作ですが、イースターの日付は「春分後の最初の満月の直後の日曜日」で、こちらの方は正しい、とは母教会のニュースレターからでした。

ま、とにかく一番大事なのは、2000年ほど前の金曜日、神の子イエスがご自分が救い主であると告白したゆえに十字架にかかり、処刑されたこと。
それが私達の罪の為であったこと。
そして何より、その死んだはずのイエス様が3日後に復活し、よみがえられたこと。

そのゆえに毎年毎年、私達クリスチャンはその恵みを喜び祝うのであります。

さて、娘と私は日本にいたので、離ればなれだった藤亀亭。
先週末、主人の両親の家で、軽くイースターのお祝いをしました。
ハッピー・イースター!
c0178022_1734532.jpg

義母のローストチキンに使っていた鍋がかわいかった。
c0178022_17504487.jpg

デザートは、イチゴと私達が焼いたビスケット〜。
c0178022_17524472.jpg


今回ビスケットの飾りに使ったのは「Cake Decor」という会社のホワイトチョコ。
こうやって、お湯で溶かしてから使います。
c0178022_17544577.jpg

乳製品が入っているので主人は食べられませんが、固まるのが早くて良かったです。
by pitakoaiko | 2015-04-25 20:53 | 特別 Special days

娘の誕生日 当日 2015

娘の誕生日には、学校のお迎えの時間にカップケーキを持って行きました。
c0178022_7141327.jpg

クラス全員分。

他のお友達のお母さん達がしているので真似したけれど、そして私は別にどこかで働いているというわけでもないし、子供も娘一人だけで、おまけにお菓子作りは嫌いじゃないんだけど・・・
お母さん業って大変です!

お誕生日当日は、夕食に義父母が来てくれて、娘は楽しく過ごしました。
パーティーが10日も前になってしまって、なんだか肝心のお誕生日は拍子抜けしそうな感じ・・・だったので、色々飾ってみました。
c0178022_7185826.jpg

c0178022_7195456.jpg

こういった飾り物は、パーティーの時の残り物〜。
壁に貼ったポスターは、当日使えなかったので、ここぞ!とばかり主人に飾ってもらいました。

メニューは娘のリクエスト、ハンバーグとスパゲッティ。
すみません、ずいぶん食べてから、写真を撮った・・・
c0178022_1524275.jpg


それから藤亀亭のお母さん。
新たに、またまたケーキも焼きました。

パーティーの時はエルサだったから、次は当然アナでしょう。
c0178022_15153833.jpg

・・・時間が無かったし、初めてだったし、ま、多目に見て下さい。
くれぐれも義妹作のエルサとは比べないこと!
あ〜、スカートの花模様、つけたかったなぁ。どうやるか、わかんないけど・・・

これは土台を焼いたところ。
c0178022_15112176.jpg

陶器だし深めの型なので、焼く時間は倍かかりました。
が、スカートのひだがちゃんとできて、これでも私としては上出来!
どこかのセールで買ったものの、全然使っていなかったこの陶器の型。
大好きになったー!

この他に、小さめのケーキ型とステンレスのボール(!)を駆使して、アナの足が隠れる高さを出しました。
イギリスのケーキ作りって、今回、とっても面白いと思いました。
なぜか出かける用事が重なって、時間が全然無かったんだけど、エイヤッ!とやっちゃって、とっても良かったです。
by pitakoaiko | 2015-03-25 05:12 | 特別 Special days

娘の誕生会 本番 2015

娘のお誕生日パーティーへの希望は・・・
・クラスの皆を呼ぶ
・バウンシー・キャッスル(中で飛んだり跳ねたりできる)
c0178022_2341617.jpg

・アナと雪の女王のケーキ(義妹の作!)
c0178022_23423414.jpg

c0178022_23434551.jpg

私の希望は・・・
・付き添いのお母さんお父さん達もリラックス
・皆が飽きないように。
・おとなしい子達も楽しめるように。
c0178022_23413930.jpg

・ケーキを、会場で切らなくて済むように。
c0178022_21323072.jpg

主人の希望は・・・
・スイーツ(チョコとかキャンディーなど)は出さない。
ま、何とか皆の希望通りになった気がする。
お客様の希望はどうだったかは分かりませんが・・・

風邪をひいて来れなかった子などを入れずに、総勢25人。
無事にケガすること無く過ぎました。
感謝です。
by pitakoaiko | 2015-03-17 05:31 | 特別 Special days

娘の誕生会 準備

by pitakoaiko | 2015-03-16 05:49 | 特別 Special days
震災の日の藤亀亭の夕食は、キャンドル・サパーです。
c0178022_2234963.jpg

災害の後には計画停電があったと聞き、翌年から、娘に電気の大切さを教えなければ、と始めて今年はもう3回目。当時は、赤ちゃんだった娘も、今や張り切って電気を消しまくる役をしてくれました・・・電気の大切さを、というよりは、キャンドルが珍しかったかも???
ま、せっかく始めたから、来年もやるつもりの藤亀亭でございます。
去年のキャンドル・サパーはこちら

さて、娘は月に一度、日本語の子供図書館に通っています。
そこで、日本語の絵本を借りることができ、また、本を選んだ後は、お母さんやお父さん達が、交代で日本のことを子供達に伝える場になっています。
今月は、たまたま3月11日がその日。
そして、お当番になった私は、ここで震災をやらずにどうする!と、3月と言えばのお雛様をすっ飛ばし、「子供が怖がるのでは?」という懸念の声を踏まえつつ、半ば独断(!)で決行。

地震の瞬間を映したYouTubeの中から、比較的マイルドで、でも揺れている所がはっきりわかり、しかも大人が机の下に隠れる所がバッチリ映っているクリップを、本震(で、合ってる?)の一つ手前まで見せ、子供達に地震とはどういうものかを問いました。

何しろ、子供図書館の子供達は、誰も地震にあったことが無いの。
シャンデリアが揺れているのを見ただけで、大騒ぎ。

その後、一番大事な頭を守ろう!という話やら、地震の時は窓から離れる、机があったら潜ったり、家具から離れて部屋の真ん中に頭を抱えて座ったりしよう・・・という、日本の子供だったら当たり前のことを学びました。

子供達からは、「津波」という言葉も、「火事」という言葉さえも出なかった。
一方で、時間はまだたっぷり残っている・・・
それで、実は一緒に担当していたお母さんが、あまり乗り気でなかった火事の話だけは、結局することにして、最後には、皆で口と鼻を押さえながら、避難訓練をする・・・という所で終わりました。

だって、地震は遠い海の向こうの話。
ホントは、身近に起こり得る火事から身を守るにはどうすべきか、それを子供達に教えたかった私・・・

一緒に担当したお母さんは、日本から来られて、まだあまり日が経っていない方です。
聞いてみれば、今の日本では、震災のトラウマの方が大問題だというお話。
震災当時は、一日中津波の映像ばかりだったそうですね。
そういえば、震災関連のYouTubにも、まず警告が出てきていましたっけ。
それで、そういう観点から子供達の精神を心配なさっていたのです。

日本にいて子育てをしている方と、地震の無いイギリスにいる私達。
ずいぶん温度差があるな、と思いました。
その方はたぶん、防災頭巾を初めて見た!というイギリス育ちのお母さんの感想に、ビックリするだろうなぁ。

半ば独断の決行というわけでしたが、子供達の興味津々の様子、そして、お母さん達からの良い感想(・・・私一人で大騒ぎしていたから、お疲れさまの意味も有ったかもしれないけど)などから、ま、結果オーライということで。
ちなみに終わった後は、私の頭の中は、なんだか燃え尽きちゃって真っ白けでしたとさ。

笑いを取れた(!)質問:
「この中で、レゴを踏んだことある人〜〜〜?」
手を挙げた人の中には、お母さんも一人・・・
続けて質問:
「じゃ、床の上の本を踏んで滑ったことある人!」
ちなみに、どちらにも手を挙げたのは藤亀亭母娘・・・

嬉しかった感想は、仲良しなお母さんからの一言。
「日本人に生まれたんですもの、こういうことを知っておいて、他の国の人に伝えなくてはね」
これぞ、私が今回、時間が有ったら子供達に到達させたかった結論でした。

さて、こうして子供図書館での大役が終わった藤亀亭。土曜日の娘の誕生会の準備は・・・?
c0178022_3493114.jpg

一応、のんびりですが進んでおります。
写真は、誕生日ケーキへのイメージを膨らませているという娘・・・ホントかな?

藤亀亭、震災について、まだまだ語る・・・
by pitakoaiko | 2015-03-11 21:48 | 特別 Special days
おひな様パーティー。
c0178022_5582082.jpg

前回は、肝心のおひな様の写真を載せるのを忘れたので、今回は一番に載せます。

それに、第二弾はブログにしていなかったから、もう第三弾。
ちなみに、第二弾は主人の家族と散らし寿司をいただきました。

今回は、日本の貸本グループのお友達をお呼びしてパーティーです。
c0178022_5595323.jpg

内裏雛は、私の子供のときの物。
去年のブログは、こちら

今年は、お道具が増えました。
c0178022_625579.jpg

一部は、まだ日本の実家に置いてもらっています。

今回のお客様は、娘の学年の女の子が、全部で5人。
そのお姉さんとお兄ちゃんズが計4人。
そして、そのお母さんズがまた計4人。

でも、第一弾のパーティーより、事件は少なかったです。
トイレ掃除は一応しておきましたが・・・ふふふ。
さすが、お行儀の良い日本人の子供たち。

6合炊いた散らし寿司もペロリ。
デザートのイチゴやブルーベリーもペロリ。
普段は食が細い娘も、お友達に負けず、たくさん食べましたぁ。
ただ、例のごとく、料理を並べた写真を撮る余裕は無く・・・
c0178022_6114764.jpg

皆さんがお帰りになった後に、残った高野豆腐なんかの写真だけぇ。

でも、とーっても楽しかったです。
人が尋ね下さるって、とっても幸せになりますね。

それに、家の中がきれいになりまーす!
by pitakoaiko | 2015-02-25 20:53 | 特別 Special days