ロンドンでの日々の暮らしを、ご報告申し上げます。


by pitakoaiko
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

2012年 07月 01日 ( 1 )

ずっと欲しかった物

イギリスにはチャリティーショップがいっぱいあります。
うちの隣りの町にも、7〜8軒。
・・・少し田舎、それもあまりお金持ちでない町の方が多いらしいです。
ちなみに7〜8軒とは、今まで私が住んでいた所で一番数が多い・・・
つまり藤亀亭、そういう所に住まわせていただいております。

チャリティーショップとは、家庭で不要になった物を寄付してもらい、それに値段をつけて、売れるとその金額がショップを運営するチャリティー団体に入る、という仕組みのお店です。
セカンド・ハンドがほとんどなので、値段はそれほど高くありません。そして、もうすでにお店には売っていないような物が並んでいるので、見ているととても楽しいです。壊れた物とか、汚れたままの物とかもたくさんですが、外国人の私には「これ何だろう」という物も時々あって、だから今までも時間があるとのぞいていました。
とくに、この2年ほどは欲しい物があったので、わりと熱心に見ていたところ、ついに、ついに見つけました〜!

じゃじゃ〜ん!
c0178022_6132640.jpg

赤い模様の盛り皿です。別にどこのブランドというわけでもありませんが、これで10ポンド=1,300円。チャリティーショップの品物としては、高級なお値段と思います。でも買っちゃう!嬉しい!!

そして、早速その日の夕食に使ってみました。
c0178022_6305721.jpg

いつものカボチャ料理が、ちょっと違う顔して見えるような。
そして、なんだか国は違いますが、アメリカの開拓時代「大草原の小さな家」みたいな。
・・・それはカボチャをのせたからだろうか・・・

このところ風邪をひいたり、おなかを壊したり元気が無かった藤亀亭の「食を大事にしよう」という気風を高めた一品でした・・・などと考えているのは、私だけだろう。

2枚目の写真の右肩に少しだけ姿を見せている器は、これもチャリティーショップから。
c0178022_6454180.jpg

こちらは汁気の多い物がそれなりにたっぷり入れられる、便利などんぶり型でございます。それほど大きくないせいか、こちらは4ポンド=500円ほどでした。

使ってみると、こんな感じです。
c0178022_6473849.jpg

あっ、またカボチャがのっている!

お皿より、食材のバリエーションを増やした方が良さそうな藤亀亭より、最近まれなお買い物報告でした。
by pitakoaiko | 2012-07-01 07:11 | 日常 Normal days