ロンドンでの日々の暮らしを、ご報告申し上げます。


by pitakoaiko
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
3月11日。
こちらイギリスのBBC放送のラジオでも、14:46の黙祷のことをニュースで話していました。
また、亡くなった方や行方不明者の数も報告していて、改めて、大きな災害だったことを思わされました。

その震災の3日前まで、一家そろって東京にいた藤亀亭。
主人が、ニュースを見た親方から聞いたと、慌てて連絡してきて、うちにはテレビが無いし、とにかく東京の家族に電話してみました。
今になってみれば、地震のことがイギリスでニュースになって、それから私の耳に入るまで結構時間が経ったと思うけれど、両親と妹たちとは、その時点で未だお互いに連絡が取れておらず。一方でなぜかイギリスからの電話は繋がって、結果、私の電話からそれぞれの安否を確認したことになりました。

そんな藤亀亭。
今年も、夕食は昨年同様キャンドル・サパーです。
昨年のキャンドル・サパーはこちら
c0178022_16121236.jpg

おにぎりと缶詰を使ったお鍋。
原発事故のことを思い、電気を極力使わずに調理しました。
娘に、電気の大切さと地震の時には電気が使えなくなることがあるということを教えたかったのでした。

が、食卓の話題はどうしても震災のことになってしまって、もうすぐ6歳の娘、怖くなってしまったのか、「電気をつけて」と泣き出してしまいましたとさ。
それで主人が部屋の電気をつけると、明る~い!
電気って、本当にありがたいです。

缶詰料理、使おうと思っていた魚の缶詰をどうも食べてしまったらしく、仕方なくその横にあったコンビーフを使ったところ、主人には大ヒット。
とっても美味しい、ハッピーなキャンドル・サパーになりましたぁ。
# by pitakoaiko | 2016-03-11 22:51 | 特別 Special days

イギリスの家の修理事情

憧れのウォシュレット・・・
c0178022_20513063.jpg

コントロールパネルが入っていなかったみたい。
これがないと、使えません・・・

そんな藤亀亭。
この間、コンサバトリーの壊れていたロールカーテンを全部取り替えた時は・・・
c0178022_20551227.jpg

一枚、入っていなかったみたい。

前に業者さんのオーダーが間違って、正面に浴室用の窓がついていた時のブログはこちら

こうだから「後退国」と呼ばれちゃうんじゃないかな・・・
# by pitakoaiko | 2016-02-05 05:29 | 住 Home

ピンク・スムージー

グリーンの野菜が苦手な娘。
・・・昔は、ブロッコリーがおやつだったのに。

流行にのってグリーン・スムージーを試したこともありましたが、もう色を見ただけで、キッチンから走って逃げました。

今回は、冷蔵庫の端っこで忘れられていたビーツをどうしようかとネットを見て、ピンクのスムージーを発見!
娘の大好きなピンク!

・・・発見した後、ちょっと忙しくなってしまったらそのページはどこへやら。
でも、とにかくビーツが入っていたのは覚えていたので、あとは適当に作りました。

入れた物:
ビーツ
ケール
パイナップルの缶詰の残り
バナナ
リンゴジュース
牛乳

そして娘のには、賞味期限がせまるヤクルトも。

春には6歳になる娘。
この年になってくると一応気を遣うのか、「うん、おいしい」なんて一口飲みましたが・・・
c0178022_19401499.jpg

あっ、ベーグルだけ無くなっている!
朝からオーブンなぞ使ったカリフラワー・チーズも、私が食べた分だけ減っています・・・

先週から、朝早くから工事の人が出入りしている藤亀亭。
私が一緒でなくても娘に野菜を採らせる方法は、なかなか見つかりません。
# by pitakoaiko | 2016-02-03 08:36 | 食 Food

エッグ・コドラー

スペルはEgg Coddlerです。
何のことかと言うと・・・

c0178022_3222430.jpg

こういう器のことです。

そしてこれが、コドラーCoddlerでコドルCoddleされた、コドルド・エッグCoddled Eggの朝ごはん。
c0178022_3235079.jpg

この日は、ホウレン草も一緒に入れました。

使い方:
コドラーの中に卵を割り入れて、ねじ式のフタをきちんとしめ、鍋に入れます。
底から三分の二くらい湯に浸かるようにして、再沸騰させてから4~5分火にかける。
その後は、好みの固さまでお湯の中に放置しておくと出来上がり。

ちょっと時代遅れなやり方みたいですが、コドラー自体はAmazonでも売っています。
私のは、イギリスに来てすぐに、町の小さな小間物屋さんで見て、「なんだろう、これ?」と買った物。
それからウサギの柄のは、最近ヴィンテージを扱うネットショップで、たまたま見つけたもの。

こういうのって、日本に住んでいる外国人が着物を着たり、火鉢を使ったりする感覚と同じでしょうね。
でもなんとなく私には、ポーチドエッグや茹で卵より簡単。そして、中にも色々具を入れられるので、忙しい朝にはピッタリと感心しています。
せっかくあるのだから、もっと活用しようっと!
# by pitakoaiko | 2016-01-29 05:16 | 器 Table Ware

トイレ工事

年末から、階下トイレが壊れていました。
クリスマスの後の色々も収まり、工事の人がやっと来てくれました。
なんと藤亀亭、憧れの(というか、イギリスでは奇跡の?)ウォシュレットをゲット!

さてイギリスの水道屋さん、無事に取り付けられますでしょうか???

c0178022_163728.jpg

とりあえず、旧いのをはずすのはできたみたい・・・
# by pitakoaiko | 2016-01-28 05:51 | 住 Home

七草粥

c0178022_1620315.jpg

お餅入りのお粥っておいしいし、ご馳走の日々の後に理にかなっている気がして七草粥です。
日本から持って来た黒豆やらも出して、日本を楽しむ…
でも、ほうれん草だけしか入っていないので、一草粥?

c0178022_16261525.jpg

皆大好きな黒豆は、黄金(!)の蓋の下。

食卓のお供は…
c0178022_16385289.jpg

主人がクリスマス・プレゼントにもらった、蒸気でピストンが上下し、くるくる回るオモチャ。
そういえば蒸気機関車をはしらせたのは、イギリス人のスティーブンソンでしたっけ?

のんびり藤亀亭。
今年もよろしくお願いいたします。
# by pitakoaiko | 2016-01-08 05:12 | 食 Food
今年は何だか色々予定通りにいかないまま、クリスマスが終わりそうです。
写真はもっとあったけれど、手元に無く...

まずは、お世話になった方へのお礼のビスケット・ハウス。
c0178022_1241775.jpg

クリスマスというイエス様のお誕生があったゆえに、今、私たちの上には、あの3人の博士を導いた星が輝いている!と言って過言では無いでございます。
...という訳で、煙突の上に星。
c0178022_124397.jpg

これは娘が初めて用意したクリスマスプレゼント。
準備期間に余裕が無く、数が少な過ぎ...
c0178022_125667.jpg

プディングPuddingは無理でしたが、クリスマス・ケーキは作りました。
c0178022_1252875.jpg

イギリスのケーキなので、ドライフルーツがたっぷり!
c0178022_1254559.jpg

これは日本のクリスマスケーキ。
こちらは母がわざわざ少し離れた所まで行って買ってくれた、昭和なケーキ。
生クリームと缶詰めフルーツがたっぷり!
c0178022_1261770.jpg

...そう、藤亀亭始まって以来、初のクリスマス・イン・東京でございます。
c0178022_23231741.jpg

イブの晩に、母教会でキャンドル・サービス。
何年かぶりで参加できて嬉しかったー。

イエス様、お誕生日おめでとうございました!
# by pitakoaiko | 2015-12-26 22:54 | 特別 Special days